happyメンタルログ

これから幸せに生きていくための記録。

【顔面ニキビ】元汚肌が汚肌を卒業するまでやったこと

f:id:saochan-mental:20210712131139j:image

こんにちは、サオリです


私は12歳の頃からニキビができ始めて27歳くらいまで自分の汚い肌に悩み続けてきました。


皮膚科、美容皮膚科、市販薬、サプリメント、高級化粧品、食事制限を試しましたが、どれも効果はなく、

自暴自棄になって絶食すればニキビも出来なくなると思い、ニキビのせいで摂取障害になった事もあります。

学生の頃は肌荒れで学校を休んだこともあります。



肌が汚くてとにかく自己肯定感が低く、この肌じゃ一生彼氏もできない、結婚もできないと思っていたし、

人から「肌荒れてるね」と肌荒れを指摘されたときは、家で泣くことも。(そんなこと言われなくても自分が一番知ってるわ!!!って感じ)


ヘアメイクの専門学校に通っていた当時は、美容の勉強をしているのに肌が汚い事にコンプレックスを感じて、

どんどん自分に自信がなくなっていきました。


それくらいニキビについて深刻に悩んでいました。


現在は試行錯誤して、肌の状態はかなり良くなっています。


元から肌の綺麗さに恵まれている人からすればまだまだですが、昔の自分に比べたらはるかに美肌です。

毎日顔のどこかがニキビでヒリヒリしていたのに、赤く腫れるニキビはあまり出来なくなって、

できてもたまにできるくらいか、肌がすこしザラっとする、ニキビ未満なかんじの吹き出物。


毛穴も前よりはるかに小さくなりました。


以前はファンデーションでも隠し切れないくらいの汚肌でしたが、今は肌荒れしてもファンデーションで十分にカバーできるので、

肌荒れでストレスを感じる事は少なくなりました。


今日は汚肌を卒業してここまでに至った方法をご紹介します。

ニキビに悩んでいる方の役に立ちますように。

遅延型フードアレルギー検査で吹き出物が半分以下に!

f:id:saochan-mental:20210521113300j:image


もともとは原因不明の体調不良がきっかけで受けた遅延型アレルギー検査。


遅延型フードアレルギーとは、原因の食物を摂取してからアレルギー反応がでるまでに数時間から数日後に症状が出るのが特徴で、

症状の中には肌荒れも含まれます。


わたしはこの遅延型フードアレルギー検査で乳製品に強い反応が出ました。

また先生から小麦粉も抜くように言われ、乳製品、小麦粉を抜く食生活をしたところ、体調が良くなったのと同時に、吹き出物が半分以下に。


わたしは今まで汚肌を治そうと、食事制限をしているにも関わらず肌の状態が良くならず、(お菓子食べない、食物繊維多めの食事)

自暴自棄になって、「何をしても治らない」「何しても無駄じゃん!!」と大量のお菓子を食べたこともあります…


でも遅延型アレルギー検査のおかげで汚肌の元凶を特定することができました。


遅延型アレルギーは保険適応外なので3万円と高額です。

なので検査にそんなにお金かけられないよーって人は次の項目で紹介する、炎症性物質を抜いた食事をしてみてください。



☆関連記事☆

原因不明の体調不良は、遅延型アレルギーのせいだった!体調不良が遅延型アレルギー検査で改善された話 
遅延型フードアレルギー検査から2年。現在の体調,検査のメリットデメリット

 

肌荒れにつながる炎症性物質は摂取しない

f:id:saochan-mental:20210521113308j:image


肌荒れ、ニキビは「炎症」の一種です。

この炎症反応の原因となる物質を除去しなければ、改善されません。

何をしても治らない肌荒れは、体の炎症を疑ってみてださい。


次の食品は、体の炎症の原因になりやすいので除去してみましょう。


  • 小麦

  • 乳製品

  • 甘いもの(精製食品)

  • 加工肉、ジャンクフード、人口化学物質

 

小麦、乳製品は意外にも日本人の75%は乳糖不耐症、小麦に関しては日本人の80~90%が小麦が合わない体質と言われています。


私の場合は肌に良かれと毎日食べていたヨーグルトのせいで肌荒れ、体調不良になっていました。


わたしは遅延型アレルギー検査で、小麦、乳製品に加え、甘いもの、添加物をさけた食事をすることでさらに吹き出物が減りました。

ここらへんでコンシーラーを使う頻度ががくっと減りました。

もともとは、体調不良を何とかするためにはじめた食事療法でしたが、思わぬ副産物でした。


とにかく、肌荒れは化粧品や薬などの外からのケアではなく、内側からのケアが何よりも大切です。


外側からのケアは、根本的な解決になりません。


小麦やお菓子は依存性が高く、やめるのはなかなか難しいです。

私もなかなかやめられませんでしたが、やめられた方法を関連記事に書きましたので参考にしてみてください↓


☆関連記事☆
【元お菓子中毒】本気でお菓子をやめる方法、教えます
砂糖中毒だった私がお菓子をやめられた方法【本気でやめたい人必見!】
 ▷グルテンフリー,カゼインフリーを2年続けた効果を紹介

 

 

スキンケアはとにかくシンプルに

f:id:saochan-mental:20210521113318j:image


専門学生の頃だったと思うのですが、ロレアルのとある研究結果が書かれている記事を見ました。

 

ロレアルグループは、日本人女性の行う複雑なスキンケアステップをフランス人女性に1か月間行ってもらいました。

そして、日本人女性にも同様に、フランス人女性のシンプルなスキンケア方法を1か月間試してもらいました。その結果、1か月後にはフランス人女性は敏感肌になり、日本人女性の敏感肌は改善されました。

 
今はロレアルの元記事が発見できないため(業界の闇を感じるのは私だけでしょうか。このことが知れ渡ったら化粧品売れなくなるもんね)

その記事について書かれているブログを載せておきます。


日本人のスキンケアは複雑すぎて逆効果!?海外のスキンケア事情 | BLAIR
敏感肌のもと?日本式お手入れ | 心と体のパーソナル調律師 Imaiami (ameblo.jp)
【脱!敏感肌。シンプルこそ最高のお手入れ】 | anecca

 

また、そのころ基礎化粧品は何もつけないというケアで有名な宇津木式スキンケアに出会って、化粧品は肌に負担をかけると分かり、ケアは皮膚科で処方された保湿剤のみに。

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

↑この本のアマゾンレビューには、たくさんの方の実際に試してみた効果が書かれています。読み応えがあるのでぜひ読んでみてください。



ヘアメイクの専門学校に通っていたので、メイクの練習で自分の顔にメイクしては、落とすの繰り返しをしていたのでかなり敏感肌になっていました。

肌は全体的に赤くなっていたし、化粧水をつけるとひりひりしていました。なので皮膚科に定期的に通っていました。


でもケアを化粧水は止めて保湿剤のみのシンプルケアにしたら、次第に肌の赤みが減ってきて、敏感肌がマシに!ロレアルの研究結果通りです!



ちなみに宇津木式スキンケアの本には、

  • 基礎化粧品はつけない(どうしてもカサカサしたらワセリンを少し)

  • 洗顔は石鹸で、そしてこすらない

  • メイクはしない(どうしてもしたい場合はパウダー状のもの、液状のものは付けない)


という事が書かれていたのですが、メイクの学校に通っていたので、メイクの練習は必要不可欠。

化粧水、乳液もメイク前のスキンケアとして使う事を指導されていたので、使う事を避けられず宇津木式はできませんでした。

いつもメイクの練習で肌に化粧品を重ねていたし、クレンジングオイルも使っていました。


それにも関わらず、基礎化粧品をいろいろ重ねるのをやめただけで(メイクの授業以外で)敏感肌がマシになりました。

そして今はメイク業界から離れたので、敏感肌、赤み肌とも卒業。

肌が敏感ではなくなると、肌のバリア機能も強くなるのか、吹き出物もできにくくなりました。
 
 
元メイク大好き人間なので、メイクアップは自分の気持ちを盛り上げるためにもかかせません。(メイクの学校に通ってたくらいだし)

毎日メイクをしているわけではありませんが、しっかりメイクしたいときはファンデーションを塗るし、クレンジングオイルも使っています。

(ファンデーションに関しては、基本的にはパウダーファンデーションを使っています。リキッドは時々)
 
 
宇津木式は出来ませんが、なるべくケアをシンプルにすることで肌の状態がよくなりました。

ちなみに今のケアは洗顔フォームは使わない、保湿もカサカサしてどうしてものときに市販のヒルドイド乳液を少しつける程度です。


口コミがいい化粧品や、美容家が良いと言った化粧品、1万円の美容液を試したこともありますが、手抜きケアをしている今が一番肌の調子がいいとは皮肉なもんです。

ちなみにボディソープも使っていませんが、冬にほとんど乾燥しなくなり、保湿クリームを買っても使いきれなくなりました。

 

外側からのケアは2割しか効かない


美容専門学生時代にスキンケアの授業で、ケアは内側からのケアが一番大切だという事を教えて貰いました。


大手化粧品会社に勤めていたこともあるスキンケアの先生は、

「どんな高級な化粧品を使っても、最大で2割しか効かない」


と言っていたのを覚えています。


わたしは当時、化粧品大好きな化粧品中毒だったので、スキンケアの先生が言っていることでさえ信じられませんでした。

とにかく「使った9割の人が肌荒れが改善したのを実感!」などという化粧品会社の広告をとても信じていました。



そして懲りずにありとあらゆる基礎化粧品を信じて買い続けましたが、

体調不良をきっかけに、食事療法をしたのがきっかけで内側からのケアが大切だと死ぬほど痛感しました。



よく化粧品の口コミで、

「この美容液を使ったらら吹き出物が出来にくくなった」

「この化粧水でニキビが消えた!」


という書き込みを昔よく見かけて、


「わたしもこの人たちみたいに運命の化粧品を見つければ肌荒れが治って美肌になれるんだ!」

と思っていましたが、


運命の化粧品を見つけても汚肌の原因が体の炎症だった場合、内側からのケアをしっかりしなければ、治ったと思ったらまたできるの繰り返しです。


化粧品に頼ってあっという間に治したい気持ちは死ぬほど分かりますが、

運命の化粧品を見つけようと散財するより、内側のケアをした方が、時間もお金もかかりません。



食事、睡眠、運動の見直し


f:id:saochan-mental:20210712080931j:image


よく雑誌やネットに書かれていることですよね。

わたしも肌荒れには食事、睡眠、運動が大切という記事を何回も見ているにも関わらず、とにかく化粧品信仰がすごかったため、

食事、睡眠、運動の重要性がわかりませんでした。


これらの重要性が分かるようになったのは、最初の方でも書いた通り、体調不良がきっかけなんですけど、そのときはまず食事から変えていきました。


ちなみにこの頃は腰痛、肩、首コリで運動がまともにできないどころか、日常生活を普通に送ることさえ困難な状況、そしてひどい不眠症でした。

しかし 最初のほうの項目で紹介した炎症性物質をとらない食事療法で、体調不良と肌荒れがかなりマシに。


体調が少しずつよくなってきたところで、今度は腰痛改善のためにジムに通い始めて、肌が荒れにくくなり、

睡眠も整ってきて、早寝早起き(夜10時までに寝る)生活をしたところ、圧倒的に肌荒れしにくくなりました。


わたしはチョコレートを2口も食べると、必ず翌日には赤く炎症した吹き出物が出来て、とにかく肌が荒れやすいのですが、早く寝ると吹き出物ができにくいです。

 


食事、睡眠、運動はお互いに作用しあっているのでどれも大切です。


たとえば、わたしは運動をしない日が続いたり、睡眠の質が悪かったりすると、食欲が増してたくさん食べてしまいます。

お腹がパンパンになるまで食べてしまうと、糖質、脂質の取りすぎて腸内環境が悪くなり肌荒れしたり、

糖質、脂質の摂取量が少ない食事でも、パンパンになるまで食べてしまうと、胃に負担がかかって吹き出物ができます。

 

肌は内臓の鏡と言われているので、内臓に負担がかからない食事が大切です。

良く噛む、冷たい水は飲まない、食べすぎない、腸内環境を意識した生活など。

内臓に負担のかかった食生活は、睡眠にも影響するし、ほんとうに悪循環です。

 

 

腸内環境は本当に大事

 

特に腸内環境と肌は密接に関わっているので、食物繊維を意識して摂り、便秘にならないようにしましょう。

わたしは腸内環境と肌荒れの関係性を知ったときにひどい便秘だったのですが、整腸剤を服用してみたところ肌荒れがよくなりました。(皮膚科で処方してもらった高濃度のビタミン剤でも良くならなかったのに。)

整腸剤に頼りっぱなしは良くないので、なるべく普段の食事を気をつけましょう。

 


食物繊維に水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があるのですが、便秘には水溶性食物繊維を多く含む食材がおすすめです。

水溶性食物繊維は、便を柔らかくし、お通じをスムーズにしてくれます。


個人的にリンゴはおススメ。ひどい便秘でも1/2個も食べれば次の日スルッと出ます!!ちなみに好きな品種はフジです。

☆水溶性食物繊維を多く含む食材☆

納豆、キャベツ、大根、海藻類、熟したフルーツ、カボチャ、アボカド、山芋、里芋

 

 不溶性の食物繊維は便のカサを増しますが、便秘の時に大量に取るとお腹がさらに張ってしまうので注意が必要です。

☆不溶性食物繊維を多く含む食材☆

穀物ごぼう、ホウレンソウ、キノコ、豆類、さつまいも


それと炎症性物質で紹介した、小麦、乳製品、甘いもの(精製食品)、加工肉、ジャンクフード、人口化学物質は腸の炎症を起こしやすく、肌荒れの原因とのでなるべく避けましょう。(しつこいけど、本当に大切です)

 

汚肌改善には、一日一日の積み重ねが大切です。

 

おわりに

一気に汚肌が治る、魔法みたいな方法はない

 

何回も書いた通り、わたしは化粧品信仰が強く、運命の化粧品にさえ出会えれば、ニキビも治って魔法みたいに一気に美肌になると思っていました。(プ〇アクティブのCMに出てる人みたくなれると思ってた。)

でも、そんなことはありません。


化粧品はしょせん化粧品でしかなく、薬ではありません。

ニキビを皮膚科医に相談して、じゃあこれつけてくださいって化粧水とか美容液をつけるように言う医者っていませんよね。

 

そしてわたしは化粧品だけでなく、何かすごいアイテム探しをしてたんですよ。

それさえ使っていれば、食べていれば、美肌になれるアイテムを。

サプリメントとか、美容ドリンクとかにほんとにお金使いました。

でもそんな魔法みたいなアイテムってやっぱりないんですよ。

 

考えてみてください。

英語が堪能な人は、なにかすごい教材を使って英語が上達したのでしょうか。

違いますよね。

どんなすごい教材を使ったとしても、毎日コツコツ単語を覚えたり、スピーキングの練習をすることは避けられません。

やっていることはすごーく地味です。


楽器演奏のプロだって、なにかすごい習得方法を知ってプロになったわけではありません。

出来ないところを何回も何回も、毎日コツコツ繰り返し練習し続けたから上手に演奏することが出来るようになります。

わたしはピアノを趣味で習っているのですが、先生から教わっている練習方法は、すごく地味なものばかりです。特別すごい練習方法なんてないです。


汚肌改善も、基本を忠実に、毎日の積み重ねが大切です。

汚肌改善のために、特別なことをする必要はありません。