happyメンタルログ

これから幸せに生きていくための記録。

自己肯定感を上げるには、訓練。ずっとしていた自己肯定感の勘違い

f:id:saochan-mental:20220402161619j:plain

一瞬で自己肯定感が上がるそんな魔法はない


こんにちは、サオリです

自己肯定感…これは私の長年の課題でした。

とにかく自分に自信がなくて周りにどう思われるか常に不安を感じていました。


うつ病をきっかけに自己肯定感を上げたくていろんな本を読んできたのですが、読み終わった後に一時的に効果があってもまた元通り。

私は自己肯定感を上げるにはなにかすごい考え方に出会えば一瞬でグンと上がってずっと幸せになれると思っていて、

それに出会うために「一瞬で自己肯定感が上がる!」とか「〇日で自己肯定感が~」みたいなものに惑わされて自己啓発本ジプシーになっていたのですが

今思うのはそれは当たり前のことで、なぜなら自己肯定感を上げるには訓練が必要だからです。

 

自己肯定感をあげる訓練は地味

 

例えば1日だけ優秀な指導者のピアノのレッスンを受けて、自分の癖や練習のコツが分かっても、上達にはやっぱり毎日の地味な練習は欠かせないものです。


私がうつ病で初めてカウンセリングを受けた時にカウンセラーに「カウンセリングは習い事と一緒で継続することが大切」と言われました。

正直カウンセリングに行けば1回でガラッと変わると思っていたのでがっかりしましたが、そう言われたことで自分が一瞬で変わる魔法みたいな“なにか”を探すことをやめて現実を見る事が出来た気がします。

何事も一歩一歩やるしかないんですよね。

めんどくさいけど。

 

 

で、自己肯定感を上げる訓練は何をやったのかと言うと、カウンセリングの他に

ノートに今日頑張った事、自分えらかったなって思えることを書いたり、前より成長したこと、自分の思ったことを書きまくったりしてました。

地味でしょ?

でもこんな地味なことの積み重ねが大切なんです。

 


今日頑張った事、えらかった事は、本当にささやかな事をたくさん書きました。

例えば歯磨きを丁寧にしたとか、自炊したとか、部屋の掃除をしたとか。


自己肯定感が低いと他人から見てすごい事でしか自分を評価できないんですよね。

みんなから「すごい」と思われないとダメ。みたいな。

だからいつも人と比べて勝手に劣等感感じるし、人間関係を上下でしか見れないから無自覚にマウントとってたり、人のささやかな発言に対してマウントを感じちゃうんですよね。

そんなんくっそストレス感じるわ。

 

ノートに書くと変わること

 

で、ノートで自分の事を褒めていくと自分基準で自分の事をだんだん評価できるようになっていきます。

昔、「あたし今日目覚ましかけた時間に起きれたの~エラくない?☆」って言ってくる友達に対して「そんなん全然えらくねーよそんなこと言ってて恥ずかしくないんか!!?」って普通に思っていたんですが

今はその友達みたいな発言する側になってるから不思議。

 

自分の思ったことをノートに書く効果は、それまで自分の感情を抑圧しすぎて「こう思っちゃいけない」と思う事がよくあったのですが、思ったことを書くことによって

自分の感情を素直に受け止める事が出来るようになりました。



たとえば私は人の事を悪く思っちゃいけないと思っていたのですが、そのせいで人間関係に無駄にストレスを感じて消耗していました。

よく人の意見に対して過敏に反応して怒りを感じる事が多かったのですが、(そして怒っちゃだめだー抑えろーってなってた)

それは自分が「○○と思っちゃいけない」と思っていて、それを無自覚に「私がそう思っているんだからあなたもそうしなさいよ」と人に強要していたからです。


「何を思おうが自由!」と思えたことで人の発言にも同じようなことを思う事が出来て人の発言に傷つくことが減りました。

 

 

あとずっとノートに自分の気持ちを書き続けていると、不思議なことに「私こんなこと思ってたの!?」と無意識に思ってもない事を書いていてびっくりすることが結構あります。

私はこれを自動筆記と呼んでいるのですが、自動筆記で書かれることは潜在意識で思っていることなのかなと思っています。

一時期、何回も似たような事ばかり書かれていて、自動筆記で自分の気持ちを確かめる事が出来ました。


☆関連記事☆
ジャーナリングで自分の本心が分かる。人生に迷ったらとりあえず「書く」!



自己啓発本ジプシーも無駄じゃなかった

 

自己啓発本ジプシーだったときは「何読んでも何も変わんねーじゃん」って思ってたんですが、

でもやっぱりいろんな自己啓発本を読むのも考えを変えるための訓練になってたかなって思います。


特に一時期心屋仁之助さんのブログやポッドキャストを繰り返し読んだり聞いたりしていたのですが、少しずつ物事の考え方が変わっていったような気がします。

「何も変わんねーじゃん」と思っていたのは当時の自分があまりにもいろんなことを抱え込みすぎていてプロの手を借りないとどうしようもないくらいだったから。


いろんな自己啓発本を読みまくったことでカウンセリングに行ったときにインナーチャイルドを癒すセラピーもさらっと受け入れる事が出来ましたし。

読んでなかったらまず「インナーチャイルド?はあ?」だったかもしれないです。


カウンセリングでは自己啓発本で頭じゃ分かってるけどいまいち体感として感じられないことを落とし込める事が出来ました。

考え方とか結構変わってきてるんだけどいまいち落とし込めてないわってくすぶってる人は私みたくカウンセリングに行ってみるといいかもしれないです。

 

 

saochan.net