happyメンタルログ

これから幸せに生きていくための記録。

【好きな店】ニューヨーク式サラダ、クリスプサラダワークス【カスタマイズできるサラダ屋さん】

こんにちは、サオリです。

今日は私がハマっているお店について書こうと思います。

クリスプサラダワークス

f:id:saochan-mental:20210811165858j:image

それはクリスプサラダワークス!

チョップドサラダのお店で、サラダを自分好みにカスタマイズできるお店です。

主に都心に展開しているお店で、宅配やウーバーイーツにも対応しています。

私はお店の宅配には対応していないところに住んでいるので、ウーバーイーツか店舗に行きます。


クリスプの良さは、サラダをカスタマイズできるところ。

 

私はクルトンをたまごに変更して、タンパク質を意識したカスタマイズにするのが好きです。

グルテンフリー、カゼインフリーを意識しているので、カスタマイズできるのは大変嬉しいです。

☆関連記事☆

グルテンフリー,カゼインフリーを2年続けた効果を紹介


f:id:saochan-mental:20210811170003j:image

 
写真のサラダはカルメックスというサラダ。

アボカドがゴロっと入っているのがお気に入りで、いつもこれを注文しています。

1食で420g/464kcalです。

写真では容器が大きいので量が少なく見えますが、実際食べてみるとお腹ぱんぱんになるくらいの量です。

 

チョップドサラダってなに?


チョップドサラダとは具材が細かく刻んであるサラダで、混ぜて食べるサラダです。


チョップドサラダのいいところは、細かく刻んであってスプーンで食べれるのでとにかく食べやすいんです。

ざく切りのサラダは野菜をどの方向から口に入れるか計算しながら食べないといけないので(私は口が小さいのです)チョップドサラダは本当に食べやすい。

それに細かく刻んであって食べるときに混ると、食べた時に一口一口、ドレッシングの味にムラがないのも良いです。

ドレッシングの味が染み込みやすいのでドレッシングの量が少なくて済むのでヘルシー。

最初はお店のサラダの量に対して「ドレッシングが足りなくなりそう」と思っていたのですが、全然足りる。


具材が細かく刻んであるだけでこんなにサラダにハマるなんて思いませんでした。

 

ニューヨークで出会ったチョップドサラダのお店


チョップドサラダの発祥はニューヨーク。

わたしはニューヨークに留学していたのですが、ニューヨークにはチョップドサラダのお店がたくさんあって、お昼には店に行列ができ、町のベンチでチョップドサラダを食べて居る人をよく見かけました。

それくらいチョップドサラダは一般的です。

店員さんに入れて欲しい具材を言うと、目の前で次々入れてくれるのも楽しくて、ついつい頼みすぎてしまうことも。


ニューヨークは物価が高いし、高いお金を払った割にはあまり美味しくないので外食はあまりしないようにしていたのですが、チョップドサラダだけは3日に1度のペースで食べていました。

サラダのほかにも具材たっぷりアツアツのバゲッドサンドが食べられるので、冬はバゲッドサンドをチョイス。

帰国するときは「もうチョップドサラダ食べられないのかー」と残念に思うおほどハマりっぷりでした。

 

サラダが主役。野菜で満腹に


私が驚いたのはその量。

大きいボウルにたくさん野菜が入っていて、それだけで満腹になるんですよね。

なので昨日食べ過ぎたな、というときにも罪悪感を感じることなくたくさん食べる事ができます。

生理前の食欲多めの時は大助かりです!


帰国してから日本にもチョップドサラダのお店があると知ってからはとても嬉しくて、週2で買う事も。

クリスプのチョップドサラダはニューヨークで体験したあのサラダそのもの。

決して安い値段ではないのですが、いろんな具材を買いそろえて、さらに細かく切ってサラダを作る手間を考えると、ついついお店に行ってしまいます。

 

 ウーバーイーツで注文するときの注意点

 

ウーバーイーツで注文するときの注意点があります。

それはトッピングの追加はボタンで簡単にできるけど、最初から入っている具材の変更、ドレッシングの変更は「時別な注文事項」に自分で記入しなければいけません。

またこの時最初から入っている具材と、変更したい具材の値段は同じでなければいけません。

例えば、トマトはトッピング料金が191円なので、同じ191円のコーンやボイルドエッグに変更することができますが、

191円のトマトから298円のグリルドチキンに変更することはできません。

私はトッピングの値段料金を確認せず、「特別な注意事項」に「クルトンをグリルドチキンに変更してください」と記入してしまったことがあったのですが、

店側は対応することができないため、そのまま変更されずに来る、ということを何回もやらかしました…

またドレッシングを変更するには、ウーバーイーツでドレッシングの種類を一覧することができないため、自分で確認して記入するしかないのが不便なところです。

 

2021年9月現在のドレッシングラインナップ

ドレッシングはすべてグルテンフリーです。

バルサミックビネグレット

バターミルクランチ

クリーミーシラチャー

メキシカンハニービネグレット

シーザー


レモンタヒニ


バジルオニオン


キャロットチリビネグレット


レモンスクイーズ


ライムスクイーズ

 

ドレッシングの味は、社長さんがnoteでお店と同じレシピを紹介しているので、味の予想が付きやすいかと思います↓
OPEN SOURCE BY CRISP|CRISP SALAD WORKS|note

 

私のお気に入りは「レモンタヒニ」。

レモン汁とすりごまを合わせたドレッシングで、家で食べるときは塩と家にあるすりごまをさらに足して食べています。

 

 ☆関連記事☆

グルテンフリー、シュガーフリーのグラノーラ4選!