インテリアはメンタルや生活の質にすごく影響するのでこだわってみて欲しい

f:id:saochan-mental:20220103004443j:image

こんにちは、サオリです

今日はインテリアについて。


私はもともとインテリアには興味がなくて、インテリアにお金を使うなら服に使いたいと思っていたのですが、

2年前くらいにふとオシャレな部屋にしたいと思い、インテリアの本も買ってイケアで照明やら椅子やらクッションを買ってガラッと部屋の雰囲気を変えました。


そしたら家具が増えて床面積が狭くなったにも関わらず、とっても開放的な気持ちになったんですよね。

ちょうど感染症の影響でほとんど外出することがなくなってしまった頃で、部屋で過ごすことが多くなり自分の部屋の狭さに嫌気がさしていたのですが、

インテリアのおかげでほとんどストレスなく過ごすことが出来ました。


私はうつ病だったのですが、この経験をしてうつ病の頃にもっとインテリアにこだわっていればよかった…と思いました。

うつ病だった頃は一日中部屋に引きこもっていることも多かったので、もっと環境に投資していればうつ病の頃に感じていた辛さも少しは軽減していたんじゃないかと思います。

 

心地の良い部屋づくりは立派なストレスマネジメント


私は冒頭でも言った通り、インテリアにお金をかけるなら服にお金を使いたい、と思っていました。

一日のほとんどを外で過ごすのだから服にお金をかけて印象を良くした方がよい、と考えていたのです。

なので今のインテリアにするまで必要最低限のものしか部屋にありませんでした。



地味部屋にしか住んだことがなかったのでインテリアがどれだけ自分に影響するかなんて考えたこともなかったし、

自分の部屋に対して特に何も思わなかったのですが(散らかっているか片付いているかしか思ったことがない)部屋がオシャレになったことで自分の部屋が素敵だなと思えるようになって、

結果、家に帰るととにかく気分が良いいしリラックス効果も高く、心地の良い部屋作りは立派なストレスマネジメントなんだと気が付きました。



インテリアに興味のなかった頃の私は、服に興味のない人が「服を変えたところでなにも変わんねーよ」と思っている人と同じでした。


服は自己イメージが上向きになったり、人からの印象が良くなりコミュニケーションがとりやすくなることで生きやすさに貢献してると思っているのですが

インテリアは心地よく過ごせる時間が増える事で、人生の質に貢献していると思っています。


インテリアを変えるだけでストレスが減り、生活の質が爆上げになる

 

リラックス効果の他にインテリアを変えて意外だったのは、家事がそれほど苦痛にならなくなったという事。


特にキッチンマットを置いた効果がすごくて、足元がふわっとしているだけで心地が良くて、私は思い切ってイエローのマットを買ったのですが明るい印象になり、

それまで料理が面倒と思っていたのは、キッチンの雰囲気が暗かったからそこにいたくないだけだったのかもしれないと思いました。


今まで自分が快適に過ごせないのは部屋の狭さのせいだと思っていて、ずっとそれに嫌気がさしていたのですが、

インテリアのおかげで心地よく過ごせるようになり、工夫が足りないせいだったんだと気が付きました。

今は「狭いけど掃除が楽でいい」と思っています。


それほど家事に苦痛を感じなくなってストレスが減り、生活の質が信じられないほど上がりました。



一番最初に買うべきは間接照明

 

「インテリアを変えたい!」と思っている人に一番すすめたいのは間接照明。

費用対効果が一番高く、一つあるだけで部屋の雰囲気がガラっと変わるからです。


私はうつ病の頃とても強い不安感に襲われていました。

その頃、留学していた頃住んでいた部屋に間接照明が置いてり、すごく癒されたのを思い出して間接照明を買ったのですが

もうこれだけでストレスが少し軽減されたんですよね。



私はそれまで夜はシーリングライトを一番暗くして寝ていたのですが、間接照明を買ってから寝るときに上から光があるのって結構ストレスだったのだと感じました。

それに一つ間接照明があるだけでぐっと部屋の雰囲気も良くなるし、本当に照明だけでこんなに夜が快適に過ごせるなんて思ってもみませんでした。


うつ病の頃、私はぐったりしているのにも関わらず全く眠ることが出来ず、長くて辛い夜を過ごしていたのですが、たった一つの間接照明に少し救われていた気がします。



私は夜になると完全に間接照明だけで過ごすのですが、遊びに来たインテリアにまったく興味のない妹も間接照明の良さを感じて

「この照明いいね、あたしも間接照明買おうかな~」と言い出すくらいです。


どんなに素敵な家具を買っても間接照明の良さには叶いません。

間接照明は安価なものがたくさんあるのでぜひ買ってみてください。


☆関連記事☆
リラックスするには間接照明!メンタルへの効果は?間接照明のススメ

 

狭い部屋には風景の絵や写真で開放的な気分に

 

何年か前にラウル・デュフィ展というものに行ったときに、お土産屋さんで小さい絵が1000円以下で売っていたので買って安いアルミの額縁に入れて飾ってみたのですが

部屋に小窓が増えたみたいで一気に開放的な気持ちになったんですよね。

海の風景だから余計に。


f:id:saochan-mental:20220104231712j:image


それから壁に絵を飾るというのを覚えて、さらに大きめの海の風景の絵を飾ってみたのですが、自分の部屋が海の見える部屋っぽくなりこれがかなり良かったです。


それに小物を棚に飾るより絵を飾ったほうが一気にオシャレな雰囲気になるのでかなりおススメです。

私が留学していた頃、住んでいたシェアハウスが家具はめちゃくちゃ普通なのにおしゃれな印象だったのですが、それはアートがたくさん飾ってあったからだと気が付きました。


アートはIKEAニトリフランフラン、アマゾンで安価に購入することが出来ます↓

アートパネル|IKEA【公式】家具・インテリア雑貨通販 - IKEA
"アート・絵画・ウォールインテリア"– Francfranc(フランフラン)

ポスター・ポスターフレーム通販 | ニトリネット【公式】
インテリア・アート‐Amazon.co.jp

 

IKEAは8点セットのものがあるのでお得だし、失敗してもIKEAフランフランは人気なのでフリマアプリで割と高値で売れます。

 

参考にしたインテリア本


私がインテリアを買いそろえる前に購入した本「今あるもので『あか抜けた』部屋になる」という本は、

インテリアのセンスが全くない私でも家具の配置の仕方や選び方、配色について理論的に書かれており、

他にも使いやすい本棚の奥行やベッドの高さなんかが書いてあって、大変参考になりました。


とくに一室多灯(一部屋に複数の照明を置く)という考え方は、それまで一つしかなかった間接照明に加え2つ購入したきっかけになり、おかげで快適な部屋を作ることが出きました。


インテリアをガラッと変えて心地の良い部屋にしたい、という方はぜひ参考にしてみてください。