happyメンタルログ

これから幸せに生きていくための記録。

自分らしいファッションとは?私が“自分らしいファッション”ができるようになるまで

f:id:saochan-mental:20210315021257p:plain


 こんにちは、サオリです

 わたしは昔からファッションにコンプレックスがありました。(ファッションだけでなく見た目全般)


自分がどういうファッションをすればいいの分からず、長い間色々な情報に振り回されながら、あれこれとオシャレや自分らしいファッションについて考えてきました。


今はめちゃくちゃオシャレになった、というわけではないですが、”自分らしさ”を確立して、人から「何かいいね!」と褒められることもあります。


ようやく、心にゆとりをもってファッションを楽しめるようになりました。


自分らしいファッションを見つけることが出来れば、自己肯定感もあがり、自分を好きになることが出来ます。


なので今回は自分らしいファッションができるようになるまでの事をまとめてみました。


オシャレで迷っている方がいれば、ぜひ参考にしてください。

ダサい自分に幻滅していたころ

f:id:saochan-mental:20210214190801j:image

自分がダサすぎて泣いてた

 
わたしは小学生の頃からファッションに興味があって、雑誌のモデルみたいにかわいく、オシャレになりたいと思っていました。

しかし中学生や高校生の頃に、雑誌に載っている同じ服を母に買ってもらったものの垢ぬけず、思うようにおしゃれになることが出来ませんでした。

鏡に映る自分がダサくて泣きたくなることもしょっちゅうありましたし、

人目を気にしすぎてしまう性格もあり、外を歩いているときは自分の格好が変じゃないか、結構深刻に考えていました。

何を着ても野暮ったい


 オシャレについていろいろ考えているのにも関わらず、ファッションにあまり興味のなさそうな友達のほうが何となくいい感じで、どうしてだろうと思っていました。


フリーターの頃は実家に住んでいたこともあって、お給料はほとんど服に使っていました。

いいなと思ったものは片っ端から買っていたし、雑誌やネットからたくさん情報収集していて勉強しているにも関わらず、やっぱり何を着ても野暮ったくて。


雑誌に載っていたフリルの2万円のブラウスより、適当に買った3000円のシンプルなニットの方が似合うということがあり、

自分はオシャレな服が似合わない人間なんだと思っていました。

似合うに執着するように

f:id:saochan-mental:20210214190820j:image

メコンで少しマシに


そんなとき顔タイプ診断、パーソナルカラー、骨格診断という存在を知りました。

それで自分がダサいのは顔がいけないんじゃなくて、
単に似合わないアイテムを選んでいたからということが分かって。


それまではその服が自分に似合うかどうかよりも、

その服のデザインがかわいいかどうか、
その服単体でオシャレかどうか

で選んでいたんですよね。


だから手持ちの服は、全部主役級のぶりぶりした服ばかりで、そのアイテムを際立たせてくれるベーシックアイテムを、ほとんど持っていませんでした。


一通り診断を受けて、それまで自分はどの系統の服を着るべきか分からなかったのですが、どこを目指せばいいのか分かるように。

そのおかげで診断通りに選んだ服でだいぶ野暮ったさはなくなり、少しはマシな感じに。


結局、オシャレになれず


ですが!!今度は結果にこだわりすぎてしまい。

診断通りに服を選べばオシャレになるんだと思い、

顔タイプがソフトエレガントだから無地しか着ない、(誤診で、のちにエレガントタイプだと分かる)

パーソナルカラーがウィンターだからモノトーンでまとめる

骨格がストレートだからVネックのシンプルなトップスしか着ない

などという、極端なマイルールが出来てしまっていました。


マイルールがシビアすぎて、いつもルールを満たしている服を見つけるために奮闘。

常にネット検索していて、いい感じの服を見つけても、これは丸首だから似合わない、と一刀両断。

すっかり手持ちの服は、ぶりぶりからシンプルで無地の服ばかりになりました。


そもそも顔タイプ診断が誤診だったので、きっちりソフトエレガントの格好をしても地味で、垢ぬけず、オシャレにはなれませんでした。


昔よりはマシになったけど何かが足りない感じがして、それを満たすためにお洒落本を読み漁っていました。

好きを取り戻す!

f:id:saochan-mental:20210214190933j:image

他人ばかり気にしてた


私は25歳くらいの時にストレスでうつ病が酷くなってしまいました。

それがきっかけでカウンセリングに通い始めたのですが、

自分は心の深いところで他人にどう見られているのか、他人のことばかり気にしていたということに気づきました。


服もそう。

もともとは純粋に服、ファッションが好きで、なりたい自分になりたくて、いろいろ研究していたのに

いつの間にか

人にダサいと思われたくない、

よく思われたい

おしゃれになって、人より優位に立ちたい

という思いで服を選んでいました。


それに診断でこういう結果が出たから、と言い訳して自分の好みを無視していました。

 このことに気が付いてからは少しづつ、自分の好きな気持ちを大切にしようとしました。

自分の好きが分からない


でも今まで自分の気持ちを抑圧してきたため、
自分の好きが分からなくて。

なので私はその時シンプルなニットを着ていたため、
同じニットでも、好きな色を選ぶところからスタートしました。

しかしながら選ぶ時にこの色は派手だな、
パーソナルカラー的に似合わないな

と頭でぐるぐる考えてしまって。


最終的に真っ赤をは真っ赤を色選びました。

今まで黒、グレー、ネイビーしか着てこなかったため、凄く恥ずかしかったのですが、
これが劇薬になって結構良かった。


慣れてくると、綺麗な色を着ることに抵抗がなくなり
(最初が真っ赤だったからね)

パーソナルカラー以外の服も着るようになってどんどんクローゼットが明るくなっていきました。

「似合う」と「好き」のバランスが取れるように

f:id:saochan-mental:20210214190835j:image

似合わないものは、似合わせればいい


パーソナルカラー関係なく服を選ぶようになってから気づいたのが、

パーソナルカラーがウィンターだから原色を選ぶ、じゃなくて結局、トータルバランスが大切だって事。

 

わたしはパステルカラーのトップスを着ると顔が真っ青になり、顔色が悪く見えるのですが、濃い色のリップを塗って、パンツもダークカラーにすれば

メリハリがついていい感じに。


似合わないものは、似合わせればいい!!

ということに気がついたんです。


これに気がついてからは服選びが楽しくなり始めました。

好きの気持ちを尊重しながら…


骨格ストレートだからレースのブラウスは選ばないじゃなくて、レースでも、張りと厚みのあるものなら着れそう!

とか、

センタープレスのパンツと合わせて縦ラインを意識すればいい感じだな、と自分の好きな気持ちを尊重しながら選べるように。


自分の「好き」を大切にできるようになったので、お店に行ってもこの服着てみたい!という気持ちがどんどん湧いてきました。

そうやって色んな服を試着していくうちに「似合う」と「好き」の落としどころを見つけていきました。

野暮ったくてもいい

f:id:saochan-mental:20210214191126j:image

心地よい、がいい!


似合うと好きのバランスがとれるようになって、ある程度自分に自信がついた私は、人の目も気にならなくなり、

最終的に心地の良さ、というところに行きつきました。


わたしは、UGGのモカシンの履き心地が大好きで
(内側がふわふわで、絨毯の上を歩いてるみたいで最高)
秋、冬はずっと同じモカシンを履き続けています。


だから日によってはフェミニンなスカートに、モカシンを合わせることもあって、
コーデが野暮ったくなることも。 (ちなみに夏はビルケン一択)

でも履いていて心地いいから気分よく過ごせるし、幸せと思うように。

ついに自分らしさがわかった!


野暮ったいと分かっていても、
どうしたら洗練されて見えるか知っているから、心に余裕がある。

だからちょいダサでもいい。(本気だしたらおしゃれなんだからね!みたいな笑)


キメキメの自分も好きだけど、

心地良さを選んだ結果、ちょいダサになる自分も、
自分らしくってすごくいいなと思えるようになりました。


ちなみに今はシンプルなプレーンな服が好きです。

服って、おしゃれのためにあるだけじゃないよ。


似合わないはずのコートもしっくり来るように


先日ユニクロでコットンのロングコートを買いました。

f:id:saochan-mental:20210214190110j:image

ナチュラルな風合いの生地で、しわっぽさがあるカジュアルな印象のコートです。
顔タイプで言ったらフレッシュさんに似合いそう。

f:id:saochan-mental:20210214190232j:image

いつもならこのようなタイプのコートは選ばないのですが、
今回はたまたまネットで見かけて、なんとなく

「着てみたいな」

と思ってお店で試着しました。


顔タイプやパーソナルカラーの観点からしたら、あまり似合わないんだけど、自分がいいなって思ったし、着てみたいなって思ったし、

すでにちょいダサな自分もいいと思えているので
そういうゆるゆるな内面とマッチして、着てみてしっくりくるように。


似合うと好きのバランスがとれるようになってから、
好きの割合がどんどん大きくなっていき、

ずいぶん服の選ぶ幅が広がったな、と感じた買い物でした。


おわりに


 人によってはたかが服のことで…と思うかもしれませんが、

今まで 服のせいで自分に自信が持てず、堂々と振舞えなかったり、オシャレな人に対して萎縮してしまうことが多々あり、長い間、ストレスを感じていました。

 
だから目の前のことに集中できなかったし、せっかく友達と遊んでいても、「ダサいって思われてないかなー」と常に思っていて、あまり楽しめなかったんですよね。


自分らしさを確立してからは、それほど見た目への執着も昔よりなくなってより生きやすくなりました。服に自信がついただけなのに。


ここまでいろいろと試行錯誤してきましたが、

結局、好きな服着ればいいんだと思う。

好きなの着て、堂々としてればいいと思います。

最後に、ここまで行きつくのに影響を受けたブログをご紹介。

山田耕史さんのファッション考察はめちゃくちゃ面白くてお気に入りです!

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com