Saochan happyメンタルログ

これから幸せに生きていくための記録。

【HSS型HSP】私「かくれ繊細さん」でした

f:id:saochan-mental:20210314192230p:plain

こんにちは、サオリです

皆さんはHSS型HSPという言葉をご存じでしょうか。

簡単に言えば、繊細で傷つきやすいけど、好奇心旺盛という特質を持った人の事です。


最近、私はHSS型HSPの存在を知り、自分があまりにも特徴にあてはまっていると感じました。

HSS型HSPについて書かれている本も読み、

読んでいくうちに私が過去に患ったうつ病とも関係があると感じたので、

気づいたきっかけや、HSS型HSPについて紹介します。

こんな記事です

HSS型HSP(隠れ繊細さん)について
隠れ繊細さんの特質を知ることが出来る
かくれ繊細さんとうつ病の関係

HSS型HSPに気付いたきっかけ

f:id:saochan-mental:20210217055904j:image

HSPの特性に違和感を感じていた


私がうつ病だったとき、うつ病のことやメンタルについていろいろと調べていたこともあり、

HSPの存在自体は知っていました。

しかしその時はHSPの特質には当てはまらないな、と感じていたのでスルーしていたんですよね。


そもそもHSPとは、
(Highly sensitive person、ハイリー・センシィティブ・パーソン)の事で、
いわゆる「繊細さん」

    • ①物事に慎重で深く考える
    • ②些細な刺激も情報としてとらえてしまう
    • ③共感しやすい、人の気持ちがわかる
    • ④5感が鋭い

     【基本】HSPの特徴まとめ/DOESの4ポイントをわかりやすく解説 - ココヨワ (cocoyowa.com)
    HSPについてはこちらの記事に詳しく書いてあります。

HSPは上記の4つの特徴にすべて当てはまる人の事を指します。


一つでも該当しなかったらHSPではありません。
(刺激の感じ方の強弱は人それぞれです)

私はすべて当てはまっていたのですが、調べていくうつにHSPの特徴の一つ、

「人混みが苦手」

というところに違和感を感じました。


もともとは流行りのお店が好きでよく行っていたので、自分は違うかもと思ったんですよね。

新宿のルミネに行くのがが好きだったし、ディズニーランドもへっちゃらでした。


それに学生時代いろいろと活動するのも好きだったので、人見知りで内向的な部分はあったものの、

自分はHSPではないなと判断しました。

 

YouTubeがきっかけでHSS型HSPと発覚


 そして最近、ユーチューブのおススメ動画として挙がっていたHSPについての動画を観たら、

自分がHSS型HSPの特徴にめちゃくちゃ当てはまっていると感じ、関心を持ち始めました。


そのきっかけとなった動画はこちら↓


【繊細さんの分類】HSPの4つの分類を実例を交えて解説

↑この動画で発信されている「しょくのこ」さんは、

自身がHSS型HSPで、主にHSS型HSPについての動画をアップしています。


しょくのこさんの言っている事にとても共感したのですが、

それに加えてコメント欄のHSS型HSPの方が書かれている体験談にも共感でしかなくて

何本も立て続けに動画を観てしまいました。

 

HSS型HSPって?

f:id:saochan-mental:20210217061755j:image

HSS型HSPの事を説明すると、

HSPの繊細で傷つきやすい特性と、
HSS、(High Sensation Seeking、ハイ・センセーション・シンキング)刺激追及性の、

両方を持ち合わせているということです。


冒頭でも紹介しましたが、
繊細で傷つきやすいけど、好奇心旺盛という特質を持っています。

 

HSS型HSPさんは、いろんなことに敏感で、人一倍、いろんなことに気づきやすく疲れやすいのに

いろんなことに興味があり、行動して後で心身ともに疲れてしまいます。

行動的なため、表面上、繊細さんに見られることはない、

“かくれ繊細”さんです。



HSS型HSPとHSPの違い

f:id:saochan-mental:20210217062310j:image

HSS型HSP(かくれ繊細さん)の本に、”かくれ繊細さん”と”繊細さん”の2つに共通する特徴と、

繊細さんにだけある特徴が書いてあり、おもしろかったので一部ご紹介します。

 HSS型HSPとは?好奇心旺盛なのに傷つきやすい。複雑な特性を持て余す才能豊かな人たち (hsphsslabo.com)

↑著者のホームページにはHSS型HSPの特徴がたくさん載っています。


↓こちらの記事にもHSS型HSPの特徴をまとめています。

☆関連記事☆
【書評】かくれ繊細さんが生きやすくなるための本。その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません

 

HSS型HSPとHSPの共通する特徴(一部抜粋)

 

  • いったん立ち止まって確認する
  • 何度も考える
  • 深くて複雑な内面世界を持っている
  • 誰かと深くつながることで活力を得る
  • 刺激を消化するために一人の時間が必要である
  • 過剰な刺激から回復するまでに時間がかかる
  • 優しくておだやか
  • 共感力がある
  • 創造的である
  • 意義深い人生の探求をする
  • 物事の理由、因果関係に関心をもつ

POINT!

HSP、HSS型HSPのどちらも、回復するためには自分一人の時間が必要です。

 

HSS型HSPにだけある特徴(一部抜粋)

 

  • 周囲の目を強く気にする(外見に気を使う人が多い)
  • 話すスピードが速い
  • 外からの情報を必要とする欲求度が高い
  • 内向きの活動をしすぎると、抑うつ傾向になる
  • 他人とコミュニケーションしたいと思う
  • 飽きっぽいところがある
  • 仕事以外のところ(人間関係など)に違和感を感じて仕事そのものに嫌気がさす
  • SNSが苦手、ただし信頼できる人には躊躇なくシェアすることが出来る

POINT!

HSS型HSPは、ある程度人とのコミュニケーションを必要とするのがHSPとの違いです。

 

HSS型HSPの私の特徴

f:id:saochan-mental:20210217062908j:image

前の項目では本に書かれていた特徴を紹介しましたが、特徴をより理解するために、

私のHSS型HSPの特性(HSPも)によるエピソードを紹介します。

 

他の誰よりも用意がいい

とにかくあらゆる場面を想定して準備できる。

旅行の時の荷造りは、旅行先を周到に調べて持っていくものを考えるので、無駄なものが一切ない。

(旅行一か月前くらいから、いかに無駄のない荷造りにするか考える)

 

ささいな事でも深く考える

前髪を伸ばそうかどうか考えていた頃、前髪を伸ばすことによって人に与える影響や、生活のしやすさ、メリット、デメリットについて四六時中ずっと考えていた。

 

ひとつの事を追求できない

とにかく色んなジャンルのものに興味があって、ひとつのジャンルに絞る事ができない。

ハマるときは熱狂的にハマるのに、ある程度満たされると飽きる。長くても3年しか続かない。(←本にHSS型HSPの仕事3年説が書いてあって笑った)

 

 知的好奇心が強い

とにかく息を吸うように常に情報を入れている。
些細な事でも直ぐにネットで調べる。

バライティー番組は好きではなく、NHKのドキュメンタリーの方が好き。
バライティー番組でも、ためになる番組なら好き。

全く知らない業界にいる人の話を聞くのが、ジャンル問わず面白い。

 

人と話すのは好きだけど、すごく疲れる

初対面の人と話すのは、いろいろと聞きたいことが湧いてきて苦ではないけど、でも基本一人がいい。

他愛のない話をするのがあまり好きじゃない。
ものすごく消耗してしまう。

 仕事帰りの付き合いや、土日の付き合いが死ぬほど疲れる

人とコミュニケーションをとるのはまあまあ好きだけど、学校や仕事だけでいい。

終業後や土日は一人の時間を死守したい。
じゃないと死ぬ。

 

行動力があるけど自分のキャパを考えない

昔、唐突に香港に行きたくなり、2週間後には飛行機に乗って1人で香港へ。

1部屋4人の相部屋で外人と5日間過ごすことに。
他の人の荷物の整理する音など気になり、1日で精神的にキツくなり帰りたくなる。

 

常に人と一緒にいたい人の気がしれない


周りの人に、常にだれかと一緒にいたい、一人でいるのが嫌と感じている人はいませんか。

私が学生時代に仲良くしていた友達は、しょっちゅう電話やラインをくれる、常にだれかとつながっていたい子でした。

最初は理解することが出来ませんでしたが、そういう人は人と会ってエネルギーチャージするタイプ。

その子は、私が頻繁に連絡するのは好きじゃないと察してくれ、お互いにバランスよく良い関係を築くことができました。

 

HSPうつ病になりやすい?

f:id:saochan-mental:20210217063203j:image

わたしの考えですが、HSS型HSPはうつ病になりやすいんじゃないかと思っています。


高校生の頃、平日は友達と楽しく過ごしていて一見根暗には見えない感じだったけど、

ずっと友達といるのは苦痛で、家ではずっと部屋に引きこもっていました。

土日に家で一人の時間を持たないと、
翌週は精神的に辛くて学校を休むことが多かったです。


学校では友達と楽しく過ごせるのに、土日は遊びたくないと思っているなんて、

本当は友達のことが好きじゃないんだ、と思っていました。


そんな自分の外と内のギャップがたまらなく嫌で、自分が何なのか分かりませんでした。



そんなときHSS型HSPの事を知っていて、

「HSS型HSPは、外に刺激を求めるのは好きだけど、一人でいる時間がたっぷり必要」

ということが分かっていれば、

自分の外と内のギャップ も受け入れられて、楽に過ごせていたんじゃないかなあと思います。


 17歳の頃にうつ病になり、体が動かなくなって学校に行けなくなったのは、

自分の気質を理解せず、無理をしていたからだと感じます。(気質以外にも要因はあったけれども)

HSS型HSPの気質は生まれつきのものであって、その強さは大小あれど変えられるものではありません。


自分の気質を否定すればするほど、うつ病などの精神疾患になりやすいのは言うまでもないと思います。

 

 

おわりに


 今回HSS型HSPの事を知って、昔悩んでいたことをいろいろと思い出しました。

それで「あれはHSS型HSPの特性によるものだったんだな」と、

今まで矛盾していた事が点と点でつながる瞬間を何回か体験しました。


HSP、いわゆる「繊細さん」自体、やっと認知され始められた新しいジャンルなので

私も「ここはどうなんだろう…」と疑問に思うことがたくさんあります。


HSS型HSPについてもっと知っていけば、自分をより理解することができるし、ますます生きやすくなると感じたので、

少しずつ学んでブログでもシェアしていこうと思います。



【書評】かくれ繊細さんが生きやすくなるための本。その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません

f:id:saochan-mental:20210220000203j:image

こんにちは、サオリです。

最近、自分がHSS型HSPである事を知り、HSS型HSPについて特化した本、「その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません」を読みました。

その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません


HSS型HSPについて書かれている本は、HSS型HSP自体新しい分野なのもあって、まだあまりないようです。

今日はそんなHSS型HSP「かくれ繊細さん」について書かれている貴重な本をご紹介します。

この本は、かくれ繊細さんの特性から、かくれ繊細さんが生きやすくなるための方法が記されている本なので、「わたし、かくれ繊細さんかも!」と思った方にはぜひ読んでほしい一冊です。

この記事の内容

かくれ繊細さんのついて理解できる
かくれ繊細さんの生きづらさの原因
かくれ繊細さんが生きやすくなる方法

HSS型HSP(かくれ繊細さん)ってなに?

f:id:saochan-mental:20210219042851j:image

この本を紹介するにあたって、HSS型HSPについて紹介しなければいけません。

 

まず、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは
生まれつき繊細で傷つきやすく、共感能力の高い特性を持っている人の事です。

次の4つの特性全てに当てはまっていたら、HSP(繊細さん)です。

考え方が複雑で、深く考えてから行動する

刺激に敏感で疲れやすい

人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい

些細なことにも気づく

この4つのうち、1つでも当てはまらなかったらHSPではなく、単に内向的な人です。

 

HSS型HSP(かくれ繊細さん)は今紹介した4つの特性に加え、
新しい情報や刺激を求めてしまう特性(HSS、ハイリー・センセーション・シンキング)を持っています。

 

POINT!

HSS型HSPは、繊細で傷つきやすいのに、好奇心旺盛で情報や刺激を求めます。

 

次に、本の著者を紹介します。

 

HSS型HSPである著者

f:id:saochan-mental:20210219043500j:image

この本の著者である、時田ひさ子さんは自身がHSS型HSP「かくれ繊細さん」です。

生きづらさを自覚してからは大学でも心理学を専攻したりと、生きづらさ研究歴はなんと35年。

2016年に自身がHSS型HSP「かくれ繊細さん」である事を知ったそうです。

著者は、HSS型HSPに有効な生きづらさ克服の方法を発案し、

3ヶ月で凹みやすい人の生きづらさ克服「ブレーん塾」
https://hsphsslabo.com/

を運営してらっしゃいます。

 

サイトには、HSS型HSP(かくれ繊細さん)の特徴が記載されているので、かくれ繊細さんの自覚がある方にとっては、共感の嵐でしかないですよ。

 

自分のことがよく分かるようになる

f:id:saochan-mental:20210219043101j:image


『かくれ繊細さんは、一見明るくて、外交的だが、内面は非常に悩み深く、悩んでいることさえ悟られないようにしていることが稀ではない』と書いてあります。

隠れ繊細さんは複雑な思考回路を持っているがゆえに、自分のことなのに自分が分からない。

HSS型HSP(かくれ繊細さん)を自覚している人は、

なぜ自分は内と外のギャップが激しいんだろう

なぜすぐに疲れてしまうんだろう

なぜこんなにも人の目が気になってしまうのだろう

なぜこんなに自信がないんだろう

と思ったことはありませんか?

CHECK!

この本では、今まで思ってきた「なぜ?」を繊細さんではない「非繊細さん」と比べながら、自分の特性を知ることできます。


たとえば、私は田舎から上京したときに街の中の情報の多さに酔って具合が悪くなることがよくありました。

非繊細さんでも、人の多さに動揺するのかもしれませんが、同じ時期に上京した友達とくらべても私は影響を受けやすいなと感じました。

キャップをかぶり視界を狭くし、入ってくる情報を少なくしたため疲れやすさがマシになりましたが、

これは外部の情報を取り続けて、常に周りの動きを「予測」「観察」しているためすぐに疲れてしまい、具合が悪くなっていたんだと分かりました。

常に周りの動きを「予測」「観察」することは、かくれ繊細さんの特性のひとつです。


特性を理解していれば、事前に対策も立てることができて、

生きやすくなるのは言うまでもないと思います。

 

かくれ繊細さんはたくさん才能を持っている

f:id:saochan-mental:20210219043954j:image

この本の第2章、「かくれ繊細さん」が秘めている才能には、自分のいろんな可能性に気づかせてくれます。著者はかくれ繊細さんには以下の才能を秘めていると言います。

 

  • 人間関係をつくる才能
  • 仕事の才能
  • 人の能力を見抜く才能
  • 直感を活かす才能
  • 常識を守る才能
  • バランスをとる才能
  • 自分のはなにかあると思える才能


ネガティブな部分に焦点を当てれば、生きづらいと感じてしまうのは当然のことです。

ポジティブな部分に目を向けて、これほどの才能を秘めているんだと分かれば、かくれ繊細な自分でもいいかも、と思えます。

たくさんの才能にきづかせてくれるのは、年間1300時間以上、かくれ繊細さんの相談を受けている著者だからだと思います。

 

私が思い当たることは、学生時代、後輩に「指導がすごく丁寧でびっくりしました」と言われたこととか、仕事先の方に「一緒に仕事がしやすい」「すごく気が利く」と言われたことです。

このように言っていただいたことは、本に書いてあるかくれ繊細さんの才能によるものだと思いました。

 本にはそれぞれの才能について詳しく説明されているので、気になった項目があった方はぜひ購入して読んでみてください。

自分の特性のよさが分かり、今後生きていく上での指針となるでしょう。


自己肯定感を上げるために辛い過去を完了させる

f:id:saochan-mental:20210220045713j:image

生きづらいのは感情を中途半端に解消してしまうから


著者は、『 かくれ繊細さんは自己肯定感が低く、生きづらい理由は、感情を中途半端に解消しているためである』と指摘しています。


感情を中途半端に解消している、というのは何かショックを受けた時に、

「そんなことで傷つくなんて」「自分の事ばかり気にしている」「誰も自分のことなんて見ていないんだから気にしなくてもいいんだ」

と思おうとすることです。

本では「現在」「過去」「未来」に分けてそれぞれの感情の処理の仕方が紹介されているのですが、今回は「過去」の感情を完了させる方法を、簡単にお伝えします。


 「マイルール」に縛られ、生きづらくなるかくれ繊細さん


かくれ繊細さんは、失敗したり、ショックなことがあって傷ついたとき、また今度ショックを受けないためにマイルールを作ると言います。

このマイルールが生きづらさの原因で、ルールを緩めることが生きやすさにつながるんだとか。

ルールを緩めるためには、そのルールを作った過去の出来事まで戻って、その時の本音に気づいてあげることが絶対に必要です。

 

 「過去のワーク」

 

本に紹介されている、過去を完了させるためのワークを簡単に説明すると、

ショックな出来事を紙に書き出す

そのとき、どんな気持ちを感じたか

その時決めたルールは?

あなたはそのとき、どうしてほしかった?

してほしかったことをしてもらった、と想像する

 です。

 

本にはそれぞれ①~④について説明がありますので、過去のショックな出来事を解消したい方は本を要チェックです。


次の項目では、私の事例を紹介します。

 

私の過去の傷

f:id:saochan-mental:20210220045632j:image

過去のワークの前に、わたしの小学生の頃のショックだったエピソードを紹介します。

 

仲良くしていたTちゃん


小学校に入学したころから仲良くしていたTちゃんは、私の事をサオリちゃんと呼んでくれていました。一緒に登下校したり、学校でも毎日遊ぶ親友でした。

しかし小学5年生のころにクラスが別々になり、一緒に遊ぶことはなくなりました。

わたしは別のクラスになっても仲良く出来ると思っていたのですが、

学校で話す事もなくなったし、Tちゃんは同じクラスの子と楽しそうにしていて、もう私の事は忘れてしまったのかなと思ったんですよね。

さらに校庭でたまたま会ったとき、いままで「サオリちゃん」と呼んでくれていたのに、「あ、○○だ!」と、なぜかいきなり名字で呼び捨てられたんですよね。突然のことでびっくりしました。

 

名字の呼び捨てが裏切りに感じた


そのとき女の子の間で、友達をちゃん付けから名前で呼び捨てする、ということが流行り?だったのですが、なぜか私はTちゃんに名前ではなく、名字で呼び捨てにされました。

「サオリちゃん」から名字で呼び捨てにされた、という事がわたしにとっては「もうあなたとは仲良くしたくないです」というメッセージに感じたし、

Tちゃんの呼びかけ方の雰囲気や、私に対する態度から疎外感を感じて、
Tちゃんに裏切られたような、そんな気持ちになりました。


それ以来、わたしはTちゃんを避けるようになりました。

Tちゃんとは中学まで一緒だったのですが、名字で呼び捨てされるたびにTちゃんにモヤモヤ、イライラしてました。3年間ずっと。

 

そっけない性格になってしまった


この出来事がきっかけで

「ずっと仲良くしていた友達でも裏切ることがある」
「裏切りは突然やってくる」

と思いました。

だからまた今度、誰かに裏切られたときにそれほど傷つかなくてもいいように

「どうせ裏切られるから人と仲良くしすぎてはいけない」

というルールをつくり、その結果、友達に対してそっけない態度をとるようになってしまいました。

 

エピソードは以上です。

わたしが「人と仲良くしてもいい」と思えるようには、自分の本当の気持ちを知る必要があります。

 

 

私の本当の気持ち

f:id:saochan-mental:20210220045838j:image


さっそくこれから前の項目で紹介した「過去」のワーク①~④をやっていきます。

( 紹介したエピソードについては、うつ病の時にカウンセリングですでに解消しているですが、過去のワークを分かりやすくするために取り上げてます。)

 

ショックな出来事を紙に書き出す
→いままで仲良くしていたTちゃんに、突然名字で呼び捨てにされた

そのとき、どんな気持ちを感じたか(突然名字で呼び捨てにされたとき)
→「悲しい」「イライラ(怒り)」「困惑」「動揺」

その時決めたルールは?

→「どうせ裏ぎられるから、人と仲良くしすぎてはいけない」

あなたはそのとき、どうしてほしかった?
→親しい態度で接してほしかった
→Tちゃんとはクラスが別になってから遊ばなくなったので、一緒に遊びたかった
→また昔みたいに仲良くしてほしかった、親友でいたかった


以上です。


呼び捨てにされても、そのあと親しい態度を取ってくれたり、一緒に遊ぼうと言ってくれていたら、わたしはTちゃんに対して愛情を感じることができたと思います。

「呼び捨てなのもきっとTちゃんなりの愛情表現なのかも」と思うことができたでしょうし、

なぜ呼び捨てで呼ぶのか、ちゃんとTちゃんに聞くことが出来たと思います。
(その時は呼び捨てにされた瞬間心に壁ができて、だまって逃げてしまいました。)


 

過去が完了したその後


今までは、たとえば仲のいい友達が、ほかの友達数人とご飯食べに行ったことを知ると、

「どうせ裏切られるから人と仲良くしすぎてはいけない」というルールがあったせいで、

「これでどうせ友達とはだんだん疎遠になっていって、いつか突然態度が冷たくなるんだ。そうなる前にこちらから離れよう」と思っていました。(←めちゃくちゃネガティブですよね。)


でも過去のワークで、本当はTちゃんに親しい態度で接してほしかった、仲良くしたかった、という本当の気持ちに気づいているため、

今は似たようなことがあっても「私は仲良くしたいんだ、ここに混ざりたいんだ」と本当の気持ちに気が付くことができ、「さそってよ~」と言えるし、自分から誘うこともできます。


「裏切るかもしれない」という気持ちは、そもそも今付き合っている友達がTちゃんのようになるとは限りませんよね。

仮に裏切られるようなことがあったとしても、そのひとの事情があったり(派閥とか)、もしかしたら自分の発言やちょっとした態度で相手に無自覚に傷つけている可能性だってありますよね。

なのでしょうがないと思います。人の心はコントロールできませんし。


傷ついても、ワークで自分の感情を整理することができるので、かくれ繊細さんの悪い癖、マイルールをつくってしまうという事はなくなります。(これはデカいと思う)


それにわたしはTちゃんに裏切られた、と思いましたが、わたしの思い違いかもしれません。

呼び捨てにされたとき、わたしはだまって逃げてしまいましたが、きちんとコミュニケーションを取れていれば、Tちゃんと仲良くいれたかもしれません。

 

 

おわりに

HSS型HSPは、決して少なくない

 

 

HSS型SHPは全人口のの6%程度存在していると言われています。少ないです。でも100人いたら6人ですし、血液型で言ったらAB型は9%程度なので全く出会えないほど少なくありません。

 と本に書いてあることが印象的でした。

YoutubeなどでHSS型HSPについて発信している方がいるのですが、コメント欄をみると、自分がHSS型HSPであると自覚している人はけっこういるんですよね。

 


HSS型HSPが幸せになるために一番大事なこと

↑わたしが最近よく見ているしょくのこさんの動画です。
しょくのこさんは、HSS型HSPに特化して配信されています。

 

きっとHSS型HSPの人が動画にコメントしてしまうのは、「自分と同じ感覚の人がいた!」という喜びからだと思います。

私にはコメントをしている一部の人は、嬉しさから衝動的にコメントしているように感じます。

それだけ、自分の感覚は変なのかなあ、と感じてきたということではないでしょうか。

 

私も、動画でしょくのこさん言っていることも、動画のコメントも共感できることが嬉しいです。

HSS型HSPに関する本は、これからもっと出版されるんじゃないかなあと思います。

 

生きやすい環境は自分で選ぶ

 

繊細さんの本がブームになって、生まれながらに刺激に敏感で繊細な人がいる、と世間に認知され始めました。

でも認知され始めたからと言って、直ぐに繊細さんにとって生きやすい社会になるか、といったらそうではありません。

社会が変わるには、ある程度、時間がかかります。(今変わっている真っ只中だけど)

社会がある程度変わって、今より生きやすくなったとしても、刺激の程度や、何に反応するかは個人差があります。なので生きづらいな、と感じる環境は必ずあります。

だから、自分の気質を知って自分が自分に合った環境を選んでいくしかないんですよね。

 

わたしも自分の気質と向き合って、のびのびと生きていけるように勉強していこうと思います。

私が“自分らしいファッション”ができるようになるまで

f:id:saochan-mental:20210315021257p:plain


 こんにちは、サオリです

 わたしは昔からファッションにコンプレックスがありました。(ファッションだけでなく見た目全般)

自分がどういうファッションをすればいいの分からず、長い間色々な情報に振り回されながら、あれこれとオシャレや自分らしいファッションについて考えてきました。

今はめちゃくちゃオシャレになった、というわけではないですが、”自分らしさ”を確立して、人から「何かいいね!」と褒められることもあります。

ようやく、心にゆとりをもってファッションを楽しめるようになりました。

自分らしいファッションを見つけることが出来れば、自己肯定感もあがり、自分を好きになることが出来ます。

なので今回は自分らしいファッションができるようになるまでの事をまとめてみました。

オシャレで迷っている方がいれば、ぜひ参考にしてください。

ダサい自分に幻滅していたころ

f:id:saochan-mental:20210214190801j:image

自分がダサすぎて泣いてました

 
わたしは小学生の頃からファッションに興味があって、雑誌のモデルみたいにかわいく、オシャレになりたいと思っていました。

しかし中学生や高校生の頃に、雑誌に載っている同じ服を母に買ってもらったものの垢ぬけず、思うようにおしゃれになることが出来ませんでした。


鏡に映る自分がダサくて泣きたくなることもしょっちゅうありましたし、

人目を気にしすぎてしまう性格もあり、外を歩いているときは自分の格好が変じゃないか、結構深刻に考えていました。

 

何を着ても野暮ったい


 オシャレについていろいろ考えているのにも関わらず、ファッションにあまり興味のなさそうな友達のほうが何となくいい感じで、

どうしてだろうと思っていました。


フリーターの頃は実家に住んでいたこともあって、お給料はほとんど服に使っていました。

いいなと思ったものは片っ端から買っていたし、雑誌やネットからたくさん情報収集していて勉強しているにも関わらず、

やっぱり何を着ても野暮ったくて。


雑誌に載っていたフリルの2万円のブラウスより、
適当に買った3000円のシンプルなニットの方が似合うということがあり、

自分はオシャレな服が似合わない人間なんだと思っていました。

 

似合うに執着するように

f:id:saochan-mental:20210214190820j:image

メコンで少しマシに


そんなとき顔タイプ診断、パーソナルカラー、骨格診断という存在を知りました。

それで自分がダサいのは顔がいけないんじゃなくて、
単に似合わないアイテムを選んでいたからということが分かって。


それまではその服が自分に似合うかどうかよりも、
その服のデザインがかわいいかどうか、
その服単体でオシャレかどうか

で選んでいたんですよね。


だから手持ちの服は、全部主役級のぶりぶりした服ばかりで、

そのアイテムを際立たせてくれるベーシックアイテムを、ほとんど持っていませんでした。


一通り診断を受けて、それまで自分はどの系統の服を着るべきか分からなかったのですが、どこを目指せばいいのか分かるように。

そのおかげで診断通りに選んだ服で
だいぶ野暮ったさはなくなり、少しはマシな感じに。

結局、オシャレになれず


ですが!!今度は結果にこだわりすぎてしまって。


診断通りに服を選べばオシャレになるんだと思って、

顔タイプがソフトエレガントだから無地しか着ない、(誤診で、のちにエレガントタイプだと分かる)
パーソナルカラーがウィンターだからモノトーンでまとめる
骨格がストレートだからVネックのシンプルなトップスしか着ない

などという、極端なマイルールが出来てしまっていました。


マイルールがシビアすぎて、いつもルールを満たしている服を見つけるために奮闘。
常にネット検索していて、いい感じの服を見つけても、これは丸首だから似合わない、と一刀両断。

すっかり手持ちの服は、ぶりぶりからシンプルで無地の服ばかりになりました。


そもそも顔タイプ診断が誤診だったので、きっちりソフトエレガントの格好をしても地味で、垢ぬけず、オシャレにはなれませんでした。


昔よりはマシになったけど何かが足りない感じがして、それを満たすためにお洒落本を読み漁っていました。

 

好きを取り戻す!

f:id:saochan-mental:20210214190933j:image

他人ばかり気にしてた


私は25歳くらいの時にストレスでうつ病が酷くなってしまいました。

それがきっかけでカウンセリングに通い始めたのですが、

自分は心の深いところで他人にどう見られているのか、
他人のことばかり気にしていたということに気づきました。

服もそう。

もともとは純粋に服、ファッションが好きで、なりたい自分になりたくて、いろいろ研究していたのに

いつの間にか

人にダサいと思われたくない、
よく思われたい
おしゃれになって、人より優位に立ちたい

という思いで服を選んでいました。


それに診断でこういう結果が出たから、
と言い訳して自分の好みを無視していました。

 

このことに気が付いてからは少しづつ、
自分の好きな気持ちを大切にしようとしました。

 

自分の好きが分からない


でも今まで自分の気持ちを抑圧してきたため、
自分の好きが分からなくて。

なので私はその時シンプルなニットを着ていたため、
同じニットでも、好きな色を選ぶところからスタートしました。

しかしながら選ぶ時にこの色は派手だな、
パーソナルカラー的に似合わないな

と頭でぐるぐる考えてしまって。

最終的に、パーソナルカラーで選ぼうと思い、
真っ赤を色選びました。

今まで黒、グレー、ネイビーしか着てこなかったため、凄く恥ずかしかったのですが、
これが劇薬になって結構良かった。


慣れてくると、綺麗な色を着ることに抵抗がなくなり
(最初が真っ赤だったからね)


パーソナルカラー以外の服も着るようになって
どんどんクローゼットが明るくなっていきました。

 

「似合う」と「好き」のバランスが取れるように

f:id:saochan-mental:20210214190835j:image

似合わないものは、似合わせればいい


パーソナルカラー関係なく服を選ぶようになってから気づいたのが、

パーソナルカラーがウィンターだから原色を選ぶ、
じゃなくて結局、トータルバランスが大切だって事。

 

わたしはパステルカラーのトップスを着ると顔が真っ青になるのですが、

濃い色のリップを塗って、
パンツもダークカラーにすれば

メリハリがついていい感じに。

似合わないものは、似合わせればいい!!

ということに気がついたんです。

これに気がついてからは服選びが楽しくなり始めました。

 

好きの気持ちを尊重しながら…


骨格ストレートだからレースのブラウスは選ばないじゃなくて、レースでも、張りと厚みのあるものなら着れそう!

とか、

センタープレスのパンツと合わせて縦ラインを意識すればいい感じだな、と
自分の好きな気持ちを尊重しながら選べるように。

自分の「好き」を大切にできるようになったので、
お店に行ってもこの服着てみたい!という気持ちがどんどん湧いてきました。

そうやって色んな服を試着していくうちに
「似合う」と「好き」の落としどころを見つけていきました。

 

野暮ったくてもいい

f:id:saochan-mental:20210214191126j:image

心地よい、がいい!


似合うと好きのバランスがとれるようになって、
ある程度自分に自信がついた私は、人の目も気にならなくなり、

最終的に心地の良さ、というところに行きつきました。

わたしは、UGGのモカシンの履き心地が大好きで
(内側がふわふわで、絨毯の上を歩いてるみたいで最高)
秋、冬はずっと同じモカシンを履き続けています。

だから日によってはフェミニンなスカートに、モカシンを合わせることもあって、
コーデが野暮ったくなることも。 (ちなみに夏はビルケン一択)

でも履いていて心地いいから気分よく過ごせるし、幸せと思うように。

 

ついに自分らしさがわかった!


野暮ったいと分かっていても、
どうしたら洗練されて見えるか知っているから、心に余裕がある。

だからちょいダサでもいい。
(本気だしたらおしゃれなんだからね!みたいな笑)


キメキメの自分も好きだけど、
心地良さを選んだ結果、ちょいダサになる自分も、
自分らしくってすごくいいなと思えるようになりました。

ちなみに今はシンプルなプレーンな服が好きです。

服って、おしゃれのためにあるだけじゃないよ。

似合わないはずのコートもしっくり来るように


先日ユニクロでコットンのロングコートを買いました。

f:id:saochan-mental:20210214190110j:image

ナチュラルな風合いの生地で、しわっぽさがあるカジュアルな印象のコートです。
顔タイプで言ったらフレッシュさんに似合いそう。

f:id:saochan-mental:20210214190232j:image

いつもならこのようなタイプのコートは選ばないのですが、
今回はたまたまネットで見かけて、なんとなく

「着てみたいな」

と思ってお店で試着しました。


顔タイプやパーソナルカラーの観点からしたら、あまり似合わないんだけど、自分がいいなって思ったし、着てみたいなって思ったし、

すでにちょいダサな自分もいいと思えているので
そういうゆるゆるな内面とマッチして、着てみてしっくりくるように。


似合うと好きのバランスがとれるようになってから、
好きの割合がどんどん大きくなっていき、

ずいぶん服の選ぶ幅が広がったな、と感じた買い物でした。

おわりに


 人によってはたかが服のことで…と思うかもしれませんが、

今まで 服のせいで自分に自信が持てず、堂々と振舞えなかったり、オシャレな人に対して萎縮してしまうことが多々あり、

長い間、ストレスを感じていました。

 
だから目の前のことに集中できなかったし、せっかく友達と遊んでいても、
「ダサいって思われてないかなー」とあまり楽しめなかったんですよね。

自分らしさを確立してからは、それほど見た目への執着も昔よりなくなってより生きやすくなりました。服に自信がついただけなのに。


ここまでいろいろと試行錯誤してきましたが、

結局、好きな服着ればいいんだと思う。

好きなの着て、堂々としてればいいと思います。

最後に、ここまで行きつくのに影響を受けたブログをご紹介。

山田耕史さんのファッション考察はめちゃくちゃ面白くてお気に入りです!

www.yamadakoji.com

www.yamadakoji.com

 

うつ病の原因は副腎疲労かもしれないという話

f:id:saochan-mental:20210315022420p:plain


こんにちは、サオリです

今回は副腎疲労について紹介します。

私は副腎疲労を知ったことがきっかけで、うつ病の症状が良くなっていきました。

わたしのように副腎疲労が原因で、うつ病になっている人は多いんじゃないかと思っています。

何年もうつ病が治らない人は、副腎疲労を疑ったほうがいいです、本気で。

副腎疲労について理解できれば、私のようにうつ病を改善できるかもしれません。
副腎疲労が原因ではないとしても、副腎をケアすることは、ストレスに強い体作りにつながりますので、決して無駄ではありません。

なのでぜひ参考にしてください!

 

この記事がおすすめの人

うつ症状がある人
うつ病が何年も長引いている人
毎日強い疲労感がある人

 副腎疲労と出会ってうつ病が治った!

f:id:saochan-mental:20210207030833j:image

 

私は17歳の頃にうつ病になって学校に通うことが出来なくなり、長年うつ病を患っていました。

しかし、
数年前に副腎疲労についての記事をネットで見つけたことによって、
そこからどんどんうつ病の症状が良くなっていきました。

副腎疲労の本を買って読んでいくうちに、副腎疲労の症状と、わたしの症状がほとんど当てはまっていた時は驚きました。
「もしかしたら私は、副腎疲労うつ病になったんじゃないか」と。 

副腎疲労になると、
イライラしたり落ち込みやすくなったり、無気力になったりうつ病のような症状が出ることもあります。

また、本で紹介されている患者さんの症状も、私からすればうつ病そのものでした。

副腎疲労うつ病には深い関係があると思っています。

副腎疲労はまだまだ知られていない病気です。

うつ病で悩んでいる方は、もしかしたら私のように副腎疲労が原因かもしれません。
 

 副腎疲労とは

f:id:saochan-mental:20210207030534j:image

 副腎は、腎臓の上にあるクルミくらいの大きさの、ちっちゃな臓器。

副腎には怪我や病気、仕事や人間関係など、
あらゆるストレスに対処をして体を守る役割があります。

その副腎が過度なストレスによって疲れてしまうと、
ストレスに対応するホルモン、“コルチゾールの分泌が適量分泌出来なくなり、
ストレスに対処できない状態になります

このことを、副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)といいます。 

POINT!

副腎疲労になると、あらゆるストレスに対処することが出来なくなります。

 次の項目では、副腎疲労の具体的な症状を紹介していきます。

 

副腎疲労の症状

f:id:saochan-mental:20210207030108j:image

  • 朝起きるのが辛い
  • 眠っても疲れが取れない、ずっと眠い
  • いつもグッタリ疲れている
  • カフェインをとらないとやる気が出ない
  • 集中力の低下
  • あまいもの、しょっぱいものが好き
  • 疲れているのに寝つきが悪い
  • 気分が落ち込みやすい
  • すべてが嫌になる
  • ちょっとしたことでイライラする
  • アレルギー症状の悪化

 紹介した症状はほんの一部です。
これらの症状に心当たりはありませんか。
 
副腎疲労になると、うつ病のような症状が出ることがあります。

 

私がうつ病の時は、今紹介した症状にすべてに当てはまり、高校生の時は朝学校に行くのも一苦労しました。

最終的には電車で通学することが出来なくなって、
母に車で学校まで送ってもらっていました。

寝ても疲れが取れないので、土日に友達と遊ぶ約束をしてしまったときは地獄。
生理痛と言い訳してドタキャンしたことも。

楽しい学校生活を送ることが出来ず、
今思えば私は副腎疲労が原因でうつ病でした。

 

副腎疲労は怠け病?

副腎疲労になっている人のほとんどは、
慢性的な疲労感を感じています。

疲れていて体調が悪いのに、体にはっきりした症状が現れないので周りに理解されにくいです。


また、医学的には病気と認められていないので、
ほとんどの病院では「原因不明」とされてしまうことが多いです。

私自身、いつも疲れを感じているのは、「体力がないから」「気合が足りないから」「普段怠けているから」と思っていました。

いつもイライラしていたので、人にひどいことを言ってしまたこともあります。

「自制心がない自分はだめだな」

と思い、どんどん自己嫌悪に陥っていました。

 

でもそれは人格のせいではなくて、副腎疲労の症状そのものでした。


あなたは副腎疲労の症状に当てはまったでしょうか。

次の項目では副腎疲労の治し方について紹介します。

 

副腎疲労の治し方

f:id:saochan-mental:20210207025833j:image

  副腎疲労の治し方は、

正しい生活習慣をして体にストレスを与えることをしない事。
精神的なストレスを減らすこと。

精神的なストレスを減らすのはなかなか難しいですが、生活習慣は今すぐにでも改善することが出来ます。


その中でも食事はとっても大切です。

食べ物次第でどんどん副腎は元気になっていくし、
逆に負担をかけてどんどんストレスに弱くなっていってしまいます。

私は食事療法でどんどん回復していきました。

POINT!

基本は、体に負担のない食事をとって、体に溜まった毒素を出す、ということです。

 そこで副腎に負担をかける食べ物、積極的に食べたい食べ物を紹介します。

 

 副腎に負担をかける食べ物

 

カフェイン飲料

カフェインが含まれるコーヒー、紅茶、コーラや栄養ドリンクは副腎の負担になります。
これらの飲み物は、ストレスに対応してくれるホルモン「コルチゾール」のレベルを一気に引き上げますが、カフェインが切れるとコルチゾールも下がってさらにひどい疲れを感じることに。

いきなりやめてしまうと禁断症状が出てしまうので少しずつやめていきましょう。

 

小麦粉、乳製品

小麦粉は血糖値を上げやすい食材。
血糖値が急に上がるのは体に負担がかかります。コルチゾールをたくさん分泌させた後に、それを一気に消費し、副腎に負担がかかります。

また、小麦に含まれる「グルテン」、乳製品に含まれる「カゼイン」はアレルギーの原因となりやすく、腸に炎症を引き起こすことがあります。

炎症が起こると、コルチゾールが過剰に使われることになり、副腎に負担がかかります。

副腎疲労の人には、グルテンカゼインに反応してしまう人が多いので注意。

砂糖などの血糖値が上がりやすいもの

先ほども紹介した通り、血糖値が上がるものは副腎に負担をかけてしまいます

お菓子がどうしても食べたいときは、きちんとご飯を食べてからなど、急激に血糖値を上げない工夫をしましょう。

☆関連記事
砂糖中毒だった私がお菓子をやめられた方法【本気でやめたい人必見!】

 

加工食品や、できあいのお惣菜

レトルト食品、冷凍食品、インスタント食品、ハム、ソーセージ、かまぼこ、スナック菓子、ドレッシングなど。

添加物がたくさん含まれているこれらは腸内環境を悪くし、結果副腎に負担をかけてしまう原因に。

 

積極的に食べたいもの

 

 薬味、ハーブ

体に蓄積されている毒素(添加物や金属)は体の炎症を引き起こし、結果、副腎の負担に。

ネギ、ショウガ、シソ、ミョウガ、玉ねぎ、にんにく、パセリ、ミント、バジル、パクチーはどんどん料理につかって、毒素を分解してくれる肝臓をサポートしましょう。

ショウガはチューブではなく、ちゃんと生のショウガを使うこと。

 

 タンパク質

副腎が疲れている人は、朝のコルチゾールの分泌が少ないため、血糖値を安定させることが出来ません。それによって朝から元気に活動することが出来なくなっています。

なのでタンパク質をとって血糖値を安定させます。米を食べた時に急激に血糖値があがるのも阻止!

朝、食欲のない人も、お豆腐の味噌汁、卵の味噌汁なら取りやすいかと思います。
私はソイプロテインを飲むことも。

 

野菜、果物

野菜や果物には、副腎を回復させる抗酸化物質を多く含みます。

副腎疲労の人は、午後にコルチゾールの濃度が低下して元気がなくなります。なので、その時間のなる前に手軽な果物を食べてエネルギーを蓄えておくのがおススメ。

ちなみにコンビニなどで売っているカット野菜は、消毒に次亜塩素酸ソーダを入れた水で洗って、PH調整剤という添加物に浸すこともあるそうなので注意。

ビタミンなどの栄養は残っていないため、頑張って野菜くらいは自分で切りましょう。

トマトは丸かじり出来るので間食にもおススメ。

 

ビタミンB群

 副腎が疲労しているとビタミンB群を消費してしまいます。

ビタミンBが足りないと、悪夢を見たり精神を安定させるホルモンの生産がうまくできなくなってしまいます。

ビタミンBが含まれる食材は、玄米、豚肉、バナナ、ナッツ、濃い色の野菜など。

私はあまり食事の量が取れないので、サプリメントを併用しながら食事療法をしていました。

 

 

副腎疲労を治すには自炊が基本

f:id:saochan-mental:20210212154758j:image

 スーパーやコンビニで売っているお弁当は、
あらゆる添加物が含まれていて副腎に負担をかけてしまいます。

何を食べるかより、いかに悪いものを食べないかのほうが大切です。

なのでいつまでもこのような食生活では、副腎疲労も治らないままです。

なので自炊することが改善の一歩となります。

 

自炊の習慣がない人は、

まずは野菜を切ってみる、
ゆで卵を作るとか、果物を買う、

そういう簡単なところから始めましょう。


私も食生活を改めようと思ったときに、
体がしんどくて料理どころではなかったので、豚肉を焼くだけのところから始めました。


健康レベルがマイナスになっている分、
結果が表れるまでに時間がかかりましたが

調子が良くなり始めてからは、

”食事は自分を作っている”

と実感することができて、体に入れるものに気を遣うように。

自炊も当たり前になり、よいスパイラルができました。


また普段はお菓子を食べませんが、ときどき食べたくなるので砂糖や添加物が使われていない、自然派のお菓子を見つけるのも楽しいです。



正直、外出したときにおいしそうなお弁当や、目新しいお菓子を目にすると、
誘惑に負けそうになります。
実際、チョコレートやポテトチップスの爆食いをしたこともあります。


でもうつ症状があまりにも苦しかったので
食事で改善されるなら、となんとか自炊を続けることが出来ました。


自炊のレパートリーが増えてくると、
”食べられれるものは意外とたくさんある”
ということに気が付くし、味覚も変わって自然とコンビニ弁当やお菓子を欲しなくなります。

  

おわりに

 

 今回は副腎疲労について書かせていただきました。

まとめると、

  • 副腎はストレスに対処してくれる臓器
  • 副腎疲労になるとうつ病のような症状がでる
  • 治すには、規則正しい生活習慣と副腎に負担をかけない食事

です。


この記事を書くにあたってこちらの本を参考にしました。

 こちらの本には、
ほかにも症状別にとったほうが良い食べ物が書いてあり、より深く副腎疲労について知ることが出来ます。

具体的な患者さんの症状と回復例がたくさん載っているので、わたしもこの人たちみたいに元気になるんだ、と励みにしていました。


今回の記事で、
もしかしたら副腎疲労かも…と思った方はぜひ食事療法を実践してみてください。

 

 

不安にさよなら!メンタルのためにやめた事3つ!

f:id:saochan-mental:20210317025050p:plain


こんにちは、サオリです。

今回はメンタルのためにやめてよかった3つの事を紹介します!


不安にさよならするためには、不安になる原因を取り除かなければなりません。

私は今回ご紹介する事を実践してから、随分と気持ちが軽くなって、不安に感じることも少なくなっていったのでぜひ参考にしてください!

テレビニュースを見るのをやめた

f:id:saochan-mental:20210128235509j:image

ニュースを見るたび不安体質に


テレビニュースでは連日事件、事故など
朝から晩までひっきりなしに報道されています。

あなたはその報道を観ている時に何も思わなくても、
知らないうちにネガティブな事が潜在意識に刷り込まれていっているものです。


これってこわくないですか?

毎日毎日、繰り返しニュースを見る度に、
実際の犯罪件数はどんどん減ってきているにもかかわらず
事件が多いなと感じてしまい、

どんどん不安になっていきます。

 

私たちは思い違いをしている

 

実際、だいぶ前にテレビで自動車事故が立て続けに報道された時なんか,
多くの人は、「最近、自動車事故多いな…」と思っていませんでしたか?

わたしもそう思っていました。
事故に巻き込まれないように気を付けようと思いました。

でも実際は自動車事故は減少傾向にあるんです。


たくさん報道されているからと言って、事故の発生件数が増えているとは限らない。 

知らない間に私たちはニュースを観ることによって錯覚してしまっているのです。

 

ニュースを見るのをやめれば平和がやってくる


「最近平和だな…」

と私が感じられるようになったとき、はじめて「最近ニュース見てないな!」ということに気が付いて、
メンタルに与えるニュースの影響力の大きさを知りました。

 

もしそれでもニュースが気になるようであれば、
テレビではなく、新聞やネットだけにして下さい。

 

テレビは視覚、聴覚に訴えかけるので、より不安を感じやすいです。

素敵な一日の始まりに、事件、事故のニュースはいらない。
見るなら昼間に少しだけ。


見るニュースは”動物園でパンダの赤ちゃんが誕生した”だけで結構です(*'ω'*)
あと、おいしい唐揚げやさんランキングとかね。

 

SNSをやめた

f:id:saochan-mental:20210128235527j:image

自分の生活が色あせてみえる?


わたしはツイッターフェイスブック、インスタグラム、一切やっていません。

友達のフェイスブックやインスタに投稿されている写真を見ると、なんだか急に自分の生活が色あせて見えませんか?

私は自分が家で納豆ご飯を食べているときに、インスタの友達の投稿、「表参道の○○カフェ!パフェおいしい~☆」なんてものを見ると、納豆ご飯が急に色あせて見えますね。

友達は毎日、表参道のパフェを食べているわけじゃないと分かっていても。
ときには友達も一人家で納豆ご飯を食べていると分かっていても。

楽しそうな投稿写真が、友達の人生のほんの一部だと分かっていても。

羨ましい~~~~!!!

隣の芝はめちゃ青い。

そして自分だけ取り残されているような…。

時には友達同士が遊んでて、「あれ、私誘われてない」なんてことも。(実際あった)

そんなことに振り回されながら四六時中チェック。

 

これがメンタルにいいはずがない。

あとパフェと比べてしまうのは納豆ご飯に失礼。納豆ご飯よ、お前に罪はない。

思い切ってアンインストール!


もし、心から楽しめているのなら良いですが、
見ていて知らない間に「はぁ」とため息をついたら、

SNSをお休みする合図です。
アプリをアンインストールしましょう。

 

私は以前インスタグラムを見る度に、無意識に人の人生と比べてしまい、自分の人生に集中出来ていないことに気がついて辞めました。

最初は友達にどう思われるか不安でしたが、
私の日常は何も変わりませんでした。

辞めてからは人は人、自分は自分と考えられるようになってハッピーです。


自分の人生と、友達の人生の一部切り取られたキラキラな部分を比べるなんて、ナンセンスです。

インスタ用に写真を撮って加工する時間が無くなったことによって、外出先でもご飯を食べることに集中することが出来ました。(写真加工しながらご飯食べる人、いませんか?)


その他ネガティブなメディアから離れた

f:id:saochan-mental:20210129000756j:image


私はファッション雑誌のアラサーの女の働き方や、人生設計、お金についての記事を見ると、すごくどんよりしていました。

”○○さんはこういう人生設計のために○○をしています!”なんてものを見ると、

「私もこういう風に生きないといけないのかな」
「将来のために何も出来ていない自分はダメだなあ」

と思っていました。

でも人生人それぞれだということを、ちゃんと認識しないといけません。



同じ27歳でもバリバリ働いてキャリアアップしている人や、出産していて育児している人、病気の人もいるわけで。

順調に進む時もあれば、なかなか前に進まないこともあります。
いま順調そうに見えている人も、いずれ停滞期がやってきます。誰にだって停滞期は訪れるもの。


私はずっとうつ病してので、今日一日死なないように生きてるだけで精いっぱいでした。だから結婚とか出産、仕事、将来のための貯金がどうこうとか、考える余裕はありませんでした。


だから人の人生なんて参考になるようで、参考にならない。
あなたとわたしの人生は違います。


冷静に情報の取捨選択出来ないうちは、
そんな情報見ない、読まない。

週刊誌、ネガティブなことが書いてあるネットの記事、不安を煽る記事なんかも要注意です。


きちんと自分の人生に集中すること!

 

おわりに


 SNSとテレビのニュースはもう習慣だったので、
なかなか辞めることが出来ませんでした。

見ないとソワソワしてました。

「ニュースは見ないと、時代に取り残されるんじゃ?」

と思ってました。



でも、見なくなっても何も変わらない。

むしろ見なくなった結果、心にゆとりが出来ました。

自分の感情は自分で選ぶことができます。



前の私はわざわざネガティブなものに触れて、

わざわざネガティブになっていました。

わざわざネガティブなものに触れるという、おバカな事はもうやめましょう。

 

 幸せになりたいのなら、自分が幸せになるための選択をしていきましょう。

 

 

砂糖中毒だった私がお菓子をやめられた方法【本気でやめたい人必見!】

f:id:saochan-mental:20210317025854p:plain


こんにちは、サオリです。

私は昔、筋金入りのお菓子中毒でした。
一番ひどいときは、一日3食お菓子だったこともあります。

そんな私も、今は一日お菓子を食べなくても平気になり、スイーツをみてもおいしそうだな、とは思っても買わない選択をすることが出来るようになりました。


お菓子をやめることができれば、体調も良くなるし、痩せることが出来るし、よいことばかりです。
なので今日は、お菓子中毒だった私がお菓子をやめられた方法を紹介します!

この記事がおすすめの人

お菓子をやめたくてもやめられない人
味覚を正常に戻したい人
お菓子をやめて人生を変えたい人

ぜひ参考にしてください!

きちんとごはんを食べる

f:id:saochan-mental:20210126194420j:image

食事の量は減らさないで!


 お米を中心とした食事をしっかりとります。

お菓子を食べすぎたからとか、ダイエット中だから、
との理由で主食を減らしたりするのは絶対にやめてください。
後で必ずお菓子を食べたくなります。

お菓子をやめたいなら、普段の食事をきちんと食べてください。

お米中心である理由は、小麦には中毒性があるからです。
よって小麦粉を多用したお菓子もやめられなくなります。


食事を抜いて、お菓子を食べる負のループから抜け出せなかった私

 

私はお菓子がやめられなかったとき、
ご飯を食べる量を減らすというダイエットをしていました。

しかし、おなかが空くので、
「ご飯を食べてないんだから、少しくらいお菓子を食べんてもいいよね…」
とお菓子をつまみ食い。

そこから一気にお菓子が止まらなくなり、
ドカ食いしてました。

そうすると、お菓子をたくさん食べてしまった罪悪感からご飯の時間になっても、
「ご飯は食べないでおこう」とご飯を抜き。

そしてまたお腹が減り、

「ご飯抜いたし、少しくらいお菓子食べてもいいよね」
の負のループから抜け出せなくなっていました。

私はこんなことを高校生のころから何年も繰り返してきました。
もちろん顔面ニキビだらけだったし、常にむくんでいるし、痩せもしませんでした。

 

食事をしっかり食べて、お菓子をやめることができた


でもいつ頃だったかは分かりませんが、
「もうどうせ我慢しようと思ってもたくさん食べてしまうんだし、たくさん食べるんだったらご飯を死ぬほど食べよう」
と思ったのです。
 

そして、
”お菓子が食べたくなっても、とりあえずきちんとご飯を食べてから”
というルールを決めました。

 

今までまともにご飯を食べていなくて栄養失調になっていたからか、
ご飯が止まりませんでした。米がめちゃうまでした。

正直、ご飯減らしたい、と思いましたが、
「お菓子よりマシ」
「ここでご飯を減らしたらまたお菓子中毒に逆戻りだ」
と言い聞かせながら食べていました。

 「ご飯減らしたい」「ご飯太る!」と思ってましたが、
たくさんご飯を食べているのにも関わらず、体重はほとんど変わらず、お菓子をずっと食べていた頃より、異様にお腹が空くということが無くなりました。

そして次第に食欲も落ち着いていきました。

しかも毎度しっかりと食事をとっていて栄養が取れているので
なんとお菓子が欲しくなくなっていく!

そしてついに味覚が落ち着いて、ケーキを食べても甘ったるくて具合が悪くなるまでに!!

私は味覚が落ち着くまでだいたい1年くらいかかりました。

 

POINT!

栄養が足りていないと、お菓子がやめられないままです。
まずはしっかりと食事をとりましょう。

 

 小麦粉、砂糖をとらない

f:id:saochan-mental:20210126194525j:image

 小麦粉、砂糖には中毒性がある

 

 小麦粉、砂糖は中毒性があります。

「そんなまさか!」

と思うかもしれませんが、
嘘だと思うなら今すぐ小麦と砂糖を抜いた生活を始めてみてください。

おそらく一週間も耐えられないはずです。

ほとんどのお菓子って小麦粉、砂糖が使われていますよね?

中毒性があるということは、パンやパスタを食べ続けている限り、お菓子もとまらなくなる、ということです。

私もなかなか小麦粉、砂糖の使われたものをやめることが出来ず、イライラしたり、禁断症状がひどかったです。

ちなみに小麦粉、砂糖をとらなくなってから2Kg痩せました。

 

小麦粉、砂糖をとらない対策


小麦粉は他の素材で作られているもので代用します

パスタ
→ネットで売ってる米粉のパスタ
パン
→ネットで売ってる米粉のパン
粉もの
米粉で代用

 砂糖については、あまりにもいろんなものに含まれているので、生活がストレスにならないよう

料理の味付けで砂糖をつかうのは禁止
 (もともと砂糖は料理に使っていませんでした)
ポン酢やドレッシングなどの調味料に含まれているものはOK

という風にしました。


かなり時間はかかりましたが、パンを食べたい衝動が次第に落ち着いていきました。


お菓子対策


お菓子はいきなりやめることはできません。
先ほども言ったように中毒性があるからです。

そこでわたしはお菓子でも

スナック菓子に比べて栄養価の高いもの
添加物がシンプルなもの
お菓子の代わりになるもの

に変えていきました。

ダークチョコレート(カカオ率70%以上)、塩味のおせんべい、するめ、昆布、干し梅、小魚フレーク、ナッツ類、ドライフルーツ、バナナ、ミカン、インスタント味噌汁、サラダ、サラダチキン、ゆで卵、ピュアココアで作ったココア(自分でピュアココアと豆乳とメープルシロップを混ぜて作ります)、ハーブティーなど

暖かい飲み物を飲むとほっとするので、お菓子を食べたい衝動が落ち着きます。

 

毎日食べたものを記録する

f:id:saochan-mental:20210126194643j:image

 毎日の食事と体の様子を手帳に記録していきます。
スマホでも大丈夫です。

昨日食べたものを覚えていても、
1週間前となるとさすがに覚えている人はいないでしょう。

「最近ずっとお菓子食べてないな」と思っても、
ちゃっかり1週間前に食べていたりします。

なので何を食べたのか、きちんと把握することが大切です。

体の様子は、体重、肌の様子、気分、便の有無、月経前、月経後、排卵日、など記録していくとよいです。  

私は長年肌荒れで悩んでいたのですが、毎日食べたものを記録していくと、

吹き出物がなぜできたのか、
何を食べて出来たのか

が分かるようになりました。

 それによって自分の体をコントロールしている感覚を覚えることが出来ました

感情もコントロールすることができた!!

吹き出物が出来ても今までは、なぜできたのかわからなくて、鏡を見てイライラしていたのが、
「昨日は糖質を多めに摂取したから仕方がないね、今日は食物繊維とタンパク質を多めに取ろう」と落ち着くことが出来て、自分をコントロールすることが出来るようになりました。

お菓子が食べたくなっても記録を見返すことで

「先週ついお菓子をたべて、翌日大きい吹き出物ができたんだよな~」

と、ぐっとこらえる事が出来ます。

自分の体は自分でコントロールすることが出来る、と思うことが大切です。

 

おわりに

食生活を改善できなかった理由


私がお菓子中毒だったときは、常に体がだるく、肌荒れも酷くて、ご飯もコンビニ弁当でした。

その時の私は、食べ物なんてそれほど健康に影響はないだろうし、
お菓子を食べてもサラダを食べていれば健康、と本気で思っていました。

なぜならお菓子ばかり食べていても、
肌がとてもきれいな友達がいたり、
カップラーメンばかり食べているのに、とても元気な人がいたからです。

なので自分の肌が汚いのは
野菜が足りていないか、合わない化粧品のせいだし、
体がだるいのも単に運動不足のせいだと思っていました。

なのですべての不調の原因が、
偏った食事のせいだと受け入れるまでに
とても時間がかかりました。

 

食事を変えれば人生が変わる


そして体調不良をきっかけに食事制限を始めてから、
どんどん体が変わっていき、


吹き出物も以前より出来にくくなって、
メンタル面も気持ちが穏やかになりました。
(イライラすることがなくなりました。)

ここでやっと、
「食べ物が自分を作っている」と実感することが出来たんです。

そして自分の体質を受け入れることが出来ました。


食事もいまやほとんど自炊で、
あんなに食べていたコンビニ弁当なんて論外。

食事が変わると体とメンタルが変わっていきます。
人生も前向きに生きることができます。

本当に食事って大事ですよ。


なのでお菓子をやめられない人は、
お菓子をやめれば人生変わると思って、トライしてみてくださいね。

 

 

うつ病が回復するまでにした事10年分、症状と行動、結果まとめ

f:id:saochan-mental:20210317204343p:plain

 

こんにちは、サオリです

今日は私がうつ病で体が動けなくなった17歳から、
良くなるまでの10年間のうつ病の症状や行動をまとめてみました。

この記事のについて

うつ病になり始めの時から、
出来事、生活の様子
症状
改善するまでにやったこと、効果
の3つに分けて書いています。

改善するためにやったことと効果の部分は、もっと詳しくお伝えしたいのですが、
今回は改善するまでの流れを参考にしていただければと思います。

うつ病になってからの5年間

f:id:saochan-mental:20210128211058j:image

17歳(1年目)高校中退後 

●出来事 、生活の様子

うつ病になる、高校中退

・ひたすらベッドで寝ている、時々ウォーキング

・過食、拒食(ダイエットの影響)

・コンビニアルバイト 昼から夜にかけて

高校中退後は、まったく体が動かず、学校に行けなくなった自分を責める日々。ずっと寝ているうちに体は動くように。コンビニアルバイトを始めてから人間関係に恵まれ、感情が不安ながらやや前向きに。バイトがない日はグッタリ。

☆関連記事☆
高校中退から通信制高校に通った、私の体験談

 ●症状

うつ病で常に体が重い

・激しい感情の波、怒り、悲しみ

・思考できない

・拒食症、過食症

・激しい肌荒れによる皮膚の痛み

・同年代の子を見た時の動悸、嫉妬心

・強い被害妄想、自己嫌悪

・自殺願望(高校中退直後、数ヶ月だけ)

・うつ症状が軽くなってからは激しい怒り、イライラ

 

☆改善するためにやった事と、効果☆

・ウォーキング
→汗をかくと少しスッキリ。風に当たったり、自然を感じると心が和らいだ。田舎で周りに歩いている人がいないため恥ずかしく、あまりしていなかった。

 

 18歳~21歳(2~5年目)引っ越し

●出来事 、生活の様子

・震災の影響により引っ越しで環境が変わる

・カフェでバイト(1年間)

 ・過食、拒食(ダイエットの影響)

 引っ越し先のカフェでも人間関係に恵まれ、引っ越しして環境が変わったことにより、高校中退したことに対する嫌悪感は薄れる。前向きに考えられるときもあった。疲労感が常にあり、バイトがないときはグッタリ。うつ症状はだんだん軽めに。

  ●症状

・体は動くが常に重い、疲労感、倦怠感

・ネガティブ志向

・激しい感情、怒り、自己嫌悪

・拒食過食

・肌荒れ

 

☆改善するためにやった事と、効果☆

・少食健康法
→少食健康法が流行っていた時。試したものの、ストイックになり過ぎてストレスで過食が悪化。

・瞑想(時々)
→世の中に瞑想が知れ渡ったとき。やったあとは一時的にはスッキリ。この時期にだんだんうつ症状が軽くなっていくが、時々しかやっていなかったなめ、効果は分からない。

 ・自己啓発本を読む
→読み終わった後に一瞬心が軽くなるくらい。しかしまた元に戻る。変に元気を出そうと空回り。

・ウォーキング、ジョギング
→引っ越し先の環境が良く、よくウォーキングをしていた。自然を見ながらの運動は心がやわらいだ。前の環境に比べ、日に当たるようになった。よく効果を感じられた。

 

うつ症状が軽い時期(6,7年年目)

f:id:saochan-mental:20210128211444j:image

22歳  上京、専門学校入学

●出来事、生活の様子

・上京、専門学校入学 (午前中だけ授業)

・友達と遊んだり旅行したりなど充実

・冬から時々ジム通い

・過食、拒食

・うつ症状はだいぶ軽めだが、感情が不安定

 うつ症状がかなり軽く、当時はうつ病が治ったと思っていた。目標が出来たことが大きい。しかし感情の不安定さから考えると、治ったとは言えない。人間関係に恵まれ充実していた。

 ●症状

・学校に登校する時の動悸

疲労感、倦怠感

・激しい自己否定

・不安感

・激しい嫉妬

・激しい肌荒れ

・過食、拒食

・数ヶ月に1度、激しい腰痛(鎮痛剤、コルセット着用)

 

☆改善するためにやった事と、効果☆

自己啓発本や、心理系のブログ記事、YouTubeなどで情報収集
→一時的には心が軽くなるが、根本的には癒されていない感じがあった。18歳のころから心理系の本を読み続けていたこともあり、わずかに物事の考え方や捉え方が変わってくる。

・ジム通い(時々)
→ダイエットのためだが、あまり通わず。有酸素運動中心。走ったあとはスッキリ。腰痛も軽くなる。

・瞑想(時々)
→あまり効果は感じられないが、継続すれば効果が表れてくると本で読み、時々やる程度。数ヶ月やらない事も。

 

23歳 専門学校2年目

●出来事、生活の様子

・専門学校2年目(1日授業)

・不規則な生活(学校のコンペティションのため、睡眠3時間など)

・過食、拒食

・月に1回の原因不明の高熱(学校の欠席が多くなる)

・時々ジム通い

・ストレスからよく飲酒するように

・卒業間近にパワハラ(逆流性食道炎)卒業後、数ヶ月寝たきり

  ストレスが多く、不規則な生活に。原因不明の高熱は、不規則な生活と偏った食生活から。当時は生活習慣の重要性がまったく分からなかった。パワハラの時は精神不安定に。

●症状

・強い疲労感からのストレス

・激しい自己否定、嫉妬

・不安感

・激しい感情、怒り、悲しみ

・腰痛(運動すると症状が軽くなる)

パワハラによる逆流性食道炎

(胃の痛み、胃液を吐く、長期の食欲不振)

パワハラによるうつ症状の悪化

・激しい肌荒れ

 

☆改善するためにやった事と、効果☆

・22歳に同じ

 

再び悪化した時期(8年目)

f:id:saochan-mental:20210128211507j:image

24歳 アメリカ留学

●出来事、生活の様子

アメリカ留学

・午前中は語学学校、午後から深夜までインターン

逆流性食道炎1年間で数回再発

うつ病悪化

・毎日和食中心の自炊(逆食再発の時はほぼ絶食)

・留学半年後、電車で突然パニック発作発症

・精神科とカウンセリングに通う

・体質が変わる(好きな食べ物の変化、アレルギー性鼻炎完治)

 逆流性食道炎が数回再発。パワハラの憎しみが消えなかった。ろくに食事できず、リンゴとヨーグルトばかり食べていた。逆食がきっかけで自炊をきちんとやり始める。インターンは専門職なので作業が深夜まで続くことも。一気にうつ症状が悪化。

 ●症状

・うつ症状の悪化(自殺願望、不安感)

・激しい腰痛

・強い疲労

・激しい自己否定

・激しい嫉妬

・激しい感情

逆流性食道炎

・不眠

・パニックで電車に乗れなくなる

・肌荒れ

 

☆改善するためにやった事と、効果☆

・精神科に通う
→薬を飲んだが、副作用が強く数ヶ月で服用をやめる。(吐き気、ぼーっとする、物忘れ)薬の効果は感じられなかった。

・カウンセリング(週1回)
→はじめてのカウンセリング。今までは自分一人で治そうとしていたが、うつ症状があまりにも酷く、ようやく人に頼ろうと思った。カウンセラーと相性があまり良くなく、効果は感じられない。気持ちを喋ることにより、一時的にはスッキリ。

・ウォーキング、ジョギング(不定期)
腰痛や不眠症のために始めたが、あまり効果なし

 

 

劇的に良くなった2年間(9,10年目)

f:id:saochan-mental:20210128211536j:image

25歳  2018年

●出来事、生活の様子

・帰国

・新しい地での生活 

・カウンセリング

・毎日自炊(過食)

・首肩の激しい痛み

・原因不明の体調不良(体が動かない)

・日常生活がまともに送れず

 帰国5ヶ月目でカウンセリングに通う。体調不良もあり、ここでやっと「きちんとうつ病と向き合って治さなければ」と思った。色んなことを試し始めた試行錯誤の年。

●症状

・うつ症状(自殺願望)

・強い不安感

・強い自己否定

不眠症(眠いのに寝れない)

・激しい目眩、ふらつき

・電車に乗った時の動悸、吐き気

・肌荒れ

・肩、首、腰に激痛(鎮痛剤効かず、強い吐き気)

・体温調整が全く働かず、夏はすぐ具合悪くなる

☆改善するためにやった事と、効果☆

・カウンセリング(3週間に1回)
→相性が良かったのか、通う度に体が軽くなっていく。心と向き合うのは辛い作業だったが、通う度に効果を実感。一進一退しながらも、カウンセリングに通い始めてから、うつ症状が良い流れになり始めた。

心療内科へ通院
睡眠薬を処方してもらう。副作用で喉の乾きと焦燥感が酷く翌年服用を辞める。

カイロプラクティック(週1回)、整体(週1回)
→通って半年位で、首肩腰の痛みによる体調不良が徐々に和らいでいく

・筋トレ(15分位のパーソナルトレーニング)
カイロプラクティックの先生の勧めで始める。これにより、更に首肩腰の痛みの強さが和らぐ

・漢方(月1回)
→効果はよく分からないが生理痛に良いので現在も通院

・気持ちをノートに書く
→ノートに自分の思っていることを書く。頭がスッキリし、客観的に自分を見れるようになる。結構効果あり

 

26歳2019年

●出来事、生活の様子

・カウンセリング(ペースを月1度に変更)

・遅延型アレルギー検査

・副腎疲労の本に出会う

・ジム通い(サウナ)

・ピアノ教室に通う

・外出が増える

・食生活が整い始める

・電車に1駅だけ乗れるようになる

 いろいろなことの効果が出始める。メンタルも自分で分析し、コントロールできるように。

●症状

・やや肌荒れ

・不安(時々)

・体調不良(不定期)

不眠症

 

☆改善するためにやった事と、効果☆

・カウンセリング(月に1回)
→通う度に心がスッキリ。不安も小さくなる。幸せを感じられる日が増える。

・遅延型アレルギー検査
→体調不良の原因がわかり、体調不良がどんどん良くなる。(小麦粉、乳製品抜き)

・食事療法
→副腎疲労のことを知って、食事が整い始める。甘いものが苦手になったりと、味覚が変わり始める。

・グルタミンの摂取
プロテインを摂取すると具合が悪くなってしまうので、変わりに飲み始める。睡眠の質が上がる。トレーニング後の疲労感も和らぐ。

・生活の記録
→手帳に毎日の食べたものや行動などを記録し始める。体調やメンタルの調子が悪いときに客観的に分析出来るようになる。自分でメンタルコントロールができるようになる。

・ノートへ書き込み
→出来事や、思ったことなど自由に書く。自分の意外な気持ちに気づくことが出来、頭の中がスッキリ。

カイロプラクティック(2週間に1回)、整体(週1回)
→効果がどんどん出はじめ、首肩腰に湿布を貼ることが少くなり始める。

・ジム通い(サウナ)
→筋トレ中心。メンタルがスッキリし始める。ペースはバラバラ。サウナに入ってメンタルがスッキリし始める。

 ☆関連記事☆
うつ病の原因は副腎疲労かもしれないという話

 

 病み上がり期

f:id:saochan-mental:20210128211558j:image

27歳  2020年

●出来事、生活の様子

・体調が整い始める(まだ不安要素あり)

・血液検査

・ピアノを習い始めたことにより、生活にメリハリ

 今までは日常生活だけで精一杯だったが、余裕ができ始める。体調にまだ不安があり、体力もないため、目標は体力回復。

 ●症状、メンタルの様子

・時々体調不良(目眩、だるさ)

・時々不眠

 

☆改善するためにやった事と、効果☆

カイロプラクティック、整体
→強い首肩腰の痛みがほぼなくなる。痛くなる前にある程度自分でケアできるように。

・血液検査、食事療法
→自分に足りない栄養素を知ることができ、引き続き食事療法とサプリメントの活用を始める(ビタミンC,B、鉄分)体に入るものにシビアになった。

・ジム通い(サウナ)
→トレーニングした日と、していない日のメンタルの差を強く実感。トレーニング期間が長く空くと気持ちが下がり気味に。手帳でしっかり管理。

プロテイン摂取
→今までプロテインが受け付けなかったが、少しずつ慣らしていき、ある程度摂取出来るようになる。体調管理がしやすくなった。

・生活の記録、ノートへ書き込み
→記録するようになってから、体調不良の原因が分析出来るようになる。ノートへの書き込みは気持ちがスッキリするので継続中。

 

おわりに

 
2018年の頃に帰国してから、たまたま縁があり住み始めた所は、
家の近くに相性の良いカウンセラーがいたり、

近所にジムがあったり、腕のいいカイロプラクターがいたりと、うつ病を治すには最適な環境でした。

しかし、そうであっても最初は良くなったかと思ったらまた悪化しての、まさに一進一退で、

「このまま治らないんじゃないか、ずっと寝たきりなんじゃないか、治るとしても、長い間うつ病を抱えてきたのだから5年はかかるんじゃないか」

と思っていました。


それでも少しずつやれる事をやって、2019年に遅延型アレルギーと副腎疲労の本に出会ったのが大きなきっかけになり、体調も徐々に回復。

体調が回復するにつれ、メンタルも上向きに。

カウンセリングでも、長年に渡って蓄積され続けた、間違った思い込みも崩れていきました。


あんなにうつ病で悩んできたのに、2年でグンと良くなり治ってしまい、当時は1日1日が長く感じましたが、治る時は治るんだなあと思いました。

治ったのは最近の事なのに、もうずっと前の事のように思えます。


今でも運動をサボったり、生活習慣が乱れると、ネガティブになりやすくなるので直ぐに気づいてメンタルケアしてます。


うつを治すのに参考にした情報は、だいたいネットや本から収集しました。

夜はYou tubeでメンタリストDAIGOさんの動画をよく寝ながら聞いていたりしてました。

あと昔から心屋さんの本やブログ、ポッドキャストなんかも聞いていて、
自分が持っている価値観は本当に正しいのか、見直すきっかけにもなりました。

 

それから、参考になった本を紹介します。

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方

DAIGOさんの動画でも何回も登場してくる本で、DAIGOさんの他にもこの本について解説している動画が沢山あります。運動はいかに脳にいいかが書いてあります。これを読むと運動をサボる気が無くなります。

しつこい疲れは副腎疲労が原因だった (祥伝社黄金文庫)

わたしのうつ病はひょっとして副腎疲労のせいだったんじゃないかと気づいた1冊。食事内容は目からウロコ。副腎のためにも今も小麦粉、乳製品、砂糖の摂取は控えています。

医師や薬に頼らない! すべての不調は自分で治せる

うつ病には鉄分とタンパク質が欠かせないと知った。
数々の精神疾患者の例も上げており、私もある程度実践して、栄養状態によってメンタルが変化するという事が実感でき、栄養の大切さが身に染みた本。
著者はブログもやっています。

精神科医こてつ名誉院長のブログ (ameblo.jp) 

 

うつ病は絶対治ります。

 私のように治すまでに10年もかける必要ありません。

さっさとカウンセリングに行って、運動して、栄養とればすぐ治ります。

今日は、私がうつ病で体が動けなくなった17歳から、良くなるまでの10年間の流れを紹介させて頂きました。

ぜひ参考にしてください。